奨学金・貸費金制度

キャンパスライフを支える多彩な奨学金制度

駿河台大学では、キャンパス内の施設・環境の整備に取り組むとともに、一人ひとりの経済的なサポート体制の充実にも力を注いでいます。また日本学生支援機構(旧日本育英会)奨学金をはじめとする学外奨学金にも多数応募することができます。

「給付」型

給付奨学金とは、返還する義務のない奨学金のことです。成績優秀者や家庭の経済状況の急変などに対応する駿河台大学給付奨学金、所定の資格試験に合格した学生に給付する駿河台大学資格取得奨励金、駿河台大学キャリアカレッジ受講者を対象とした駿河台大学キャリアカレッジ奨励金、海外提携大学への交換・派遣留学生を対象とした駿河台大学交換・派遣留学生奨学金などがあります。

(2020年度予定)

※制度改正等により、給付内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は学生支援課で確認してください。

種類 対象 給付額 人数
特待生1級
2019年度以前
入学生適用(※1)
2年生以上で前年度までの学業成績及び人物が特に優れている学生 授業料相当額 各学部
若干名
特待生2級
2019年度以前
入学生適用(※1)
特待生1級となった学生を除く2年生以上で前年度までの学業成績及び人物が優れている学生 20万円 各学部
若干名
学業成績
最優秀奨学生
2020年度以降
入学生適用(※1)
2年生以上で前年度までの学業成績及び人物共に特に優秀な学生 50万円 各学部
各学年
若干名
学業成績
優秀奨学生
2020年度以降
入学生適用(※1)
2年生以上で前年度までの学業成績及び人物共に優秀な学生 5~20万円 各学部
各学年
若干名
スポーツ年間特待生(※1) スポーツ競技成績及び人物共に優れている学生 授業料相当額 若干名
修学支援奨学生(※2) 修学意欲が高く、経済的理由により修学が困難な学生 20万円 公募50名
学部長賞奨励金(※1) 2年生以上で、学業成績優秀者または部活動、ボランティア活動、地域活動等において、前年度に顕著な活動をした学生又は学生団体 5万円 60名
資格取得奨励金 本学の学部に在学中の学生もしくは学部卒業後5年以内の卒業生で「公認会計士試験」「司法試験」「司法書士試験」に合格した者 最高20万円 対象者全員
キャリアカレッジ奨励金 本学キャリアカレッジのうち該当の講座を受講し、合格した学生
※キャリアカレッジパンフレット参照
最高2万円 対象者全員
留学奨学金 本学から海外の提携校に交換・派遣留学生する学生 10万円
海外語学演習制度奨励金 本学の海外語学演習制度に参加する学生 5万円 対象者全員
父母会奨励金(※2) 文化系課外活動において顕著な成果を収めた個人または学生団体 10万円 公募10件
同窓会給付奨学金 新規で入学する本学卒業生の子 初年度授業料の半額 対象者全員
特別奨励賞奨励金 本学の名誉を高める顕著な活躍をした学生又は学生団体 10万円 若干名

※1 当該年度1回(非公募)。
※2 募集の詳細は、総合掲示板(学生支援)またはポタロウで案内します(当該年度1回)。

「貸与」型

貸与奨学金は、将来返還する義務のある奨学金のことです。希望者を対象に毎年4月、奨学金ガイダンスを行っています。詳しくは、学生支援課にお問い合せください。年度の途中に臨時募集がある場合があります。掲示・ポタロウをよく確認してください。

〔学部生〕▼

〔大学院生〕▼

問い合せ先

042-972-1101 駿河台大学 学生支援課

高等教育の修学支援新制度(「給付」型+授業料・入学金の減免)

高等教育の修学支援新制度とは、①日本学生支援機構が支給する、返還する義務のない「給付型奨学金」と、②「入学金・授業料の減免」が合わせて支援される国の制度です。 支援対象者は「住民税非課税世帯」及び「住民税非課税世帯に準ずる世帯」の学生であり、学業成績・学習意欲に関する要件があります。
なお、家計の経済状況により、第Ⅰ区分、第Ⅱ区分、第Ⅲ区分と、三段階の支援区分の段差があります。認定後も半年ごとに認定審査があり、区分変更や認定取り消しとなる場合があります。
また、修学支援新制度対象者は、学費等納付金月額納付制度の利用はできません。

<受験生の方へ>

  • 高校で予約採用決定を受けた方であっても、入学手続時には「入学金」「前期授業料」等を含めた学費等納付金を、入学手続期間内に全額納入していただきます。入学前の納付額は減免後の金額ではありませんのでご注意ください。
  • 入学後の手続きにより修学支援新制度の対象者として認定された方は、支援区分に応じた給付型奨学金の支給、入学金・授業料の減免が行われます。入学金・授業料の減免については、入学手続時に納入された学費等納付金と減免額に基づき計算を行い、返還または追加納付のご案内をいたします。

なお、入学後に説明会を実施しますので必ずご参加ください。

<在学生の方へ>

  • 学生支援課に修学支援新制度申請を申し出て、所定の手続きを行ってください。
  • 修学支援新制度の対象者として認定された方については、支援区分に応じた授業料減免後の学費振込用紙をお渡しします。(2021年4月以降に新規申込をし、認定された方については、既に納入された学費等納付金と減免額に基づき計算を行い、返還または追加納付のご案内をいたします。)
給付月額 【自 宅】第Ⅰ区分38,300円、第Ⅱ区分25,600円、第Ⅲ区分12,800円
【自宅外】第Ⅰ区分75,800円、第Ⅱ区分50,600円、第Ⅲ区分25,300円
※生活保護を受けている生計維持者と同居している方及び児童養護施設等から通学する方は金額が異なります。
対象 住民税非課税世帯 及び それに準ずる世帯の学生
※学業成績・学習意欲に関する要件があります。詳細は学生支援課でご確認ください。
授業料・
入学金の減免
第Ⅰ区分(減免率3/3)、第Ⅱ区分(減免率2/3)、第Ⅲ区分(減免率1/3)
例えば第Ⅰ区分の場合・・・授業料70万円、入学金20万円が減免となります。

日本学生支援機構ホームページ内の進学資金シミュレーターで収入の基準に該当するかどうか、おおよその確認ができます。

モデルケース(学部)

日本学生支援機構第一種奨学生▼

日本学生支援機構第二種奨学生▼

奨学金貸与・返還シミュレーションでは、いくつかの質問に回答することで貸与総額や毎月返還していく金額、返還が完了となる時期等を試算することができます。

主な奨学金制度の採用・募集情報

過去3年間の学部奨学生採用実績(日本学生支援機構)

年度 予約貸与採用件数 在学貸与採用件数 給付採用件数 採用実人数
2019年度 407件 73件 22件 480人
2018年度 470件 100件 21件 501人
2017年度 374件 81件 4件 409人

※ 貸与採用件数は第一種、第二種をそれぞれ1件と数えるため、採用実人数を上回ります。

日本学生支援機構

(家計急変・緊急・応急)

地方公共団体奨学金

民間団体奨学金

現在、募集がありません。

海外留学生奨学金

奨学金返還支援事業

募集のあった地方公共団体・民間団体奨学金一覧|2020年度

奨学金を貸与中の学生へ

※個人に対する呼び出し、確認事項については、ポータルサイト(ポタロウ)及び総合掲示板で連絡します。必ず確認してください。

国・県の教育ローン

国の教育ローン 日本政策金融公庫

本学に入学・在学する学生の保護者の方は、日本政策金融公庫(旧国民生活金融公庫)の「国の教育ローン」を申込むことができます。「国の教育ローン」は、教育に必要な資金を融資する公的な制度で、日本学生支援機構の奨学金と重複してご利用いただけます。

詳しくは、日本政策金融公庫(国民生活事業)または、「国の教育ローン」コールセンター(0570-008656(ナビダイヤル)、03-5321-8656)までお問い合せください。

融資額 利率 返済期間 使いみち 返済方法 保証
1人当たり
350万円以内
年1.66%
2019/11/1現在
15年以内
(交通遺児家庭、母子家庭または父子家庭の方は18年以内)
入学金、授業料、教科書代、アパートの敷金・家賃など 毎月元利均等払 等
(ボーナス月増額返済可)
(公財)教育資金融資保証基金または連帯保証人1名以上

埼玉県 勤労者向け融資制度

埼玉県と中央労働金庫が提携して、埼玉県に在住する勤労者の方々が必要とする資金の貸付を低利で行っています。

申込みの条件等、詳細につきましては、埼玉県産業労働部金融課(048-830-3795)または、中央労働金庫の県内各支店かフリーダイヤル(0120-86-6956)までお問い合わせください。
また、案内リーフレットは、本学財務課に備え付けてあります。

銀行教育ローン

各銀行が独自に提供している教育ローンです。

銀行名 問い合わせ先 ホームページ
三菱UFJ銀行 0120-860-777 https://www.bk.mufg.jp/
三井住友銀行 0120-923-923 https://www.smbc.co.jp/
みずほ銀行 0120-3242-86 https://www.mizuhobank.co.jp/index.html
りそな銀行 0120-25-8156 https://www.resonabank.co.jp/

※詳細につきましては、各銀行のホームページや上記のお問い合せ先に確認してください。

信販会社教育ローン

本学では、信販会社と提携して、信販会社提供の教育ローンを導入しています。入学金や授業料などの学納金を学費納入者に代わって大学に立て替え払いを行い、学費納入者は信販会社に対し、毎月分割で支払うというクレジット商品です。

Get_Adobe_Acrobat
PDFファイルを表示するには、Adobe(R) Reader(TM)が必要です。
バナーから無料でダウンロードできます。


TOP