講義棟

西沢晃佑選手 箱根駅伝「花の2区」を走る!

本学 駅伝部より、西沢晃佑選手(現代文化学部4年・長野日本大学高校出身)が、1月2日(水)から1月3日(木)にかけて行われた第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)において関東学生連合チームのメンバーとして出場しました。

西沢選手が走ったのは、各大学のエース選手が集う「花の2区」です。
2区は高低差40メートルの坂を駆け上がることになる「権太坂」や、ラスト3キロの登りなど、山場の多い区間でもあります。
出場前のインタビューでは、「箱根駅伝に出場すること自体(に対するプレッシャー)はそこまで感じないが、『2区』を走るということに対しては少し感じてしまうかもしれません。最初に2区を走ると言われた時には任せてくださいと答えましたが、考えてみると2区はエースが集まる区間。これはやばいなと」と笑って話してくれた西沢選手。
そして当日。沿道には教職員のほか本学学生、父母、卒業生などたくさんの方々が応援に駆け付け、西沢選手へ声援を送ってくださいました。

「頑張れ!」と沿道からの声援が鳴りやまぬ中、西沢選手は新春の身を刺す寒さをものともしない力強い走りを見せ、1時間10分57秒(関東学生連合チームのため参考記録)という好記録を出しました。
西沢選手へのたくさんの応援、誠にありがとうございました。今後とも駿大駅伝部の応援をよろしくお願い致します。

西沢晃佑選手

ToPics



page
top