お知らせ

エイブル内定報告(内定への道2018 その6)

2018/07/07内定への道

 2018年3月経済経営学部卒業生の新しい内定報告を連載で掲載しています。経済経営学部は変化の激しい現代社会に対応できる人材、地域社会で活躍できる職業人の育成をめざしています。そのため、多様な学習をサポートし、徹底したICT教育、体験重視、現場に触れるキャリア教育、コミュニケーション力を向上させる少人数教育などを推進して就職力アップを図っています。その結果、多くの卒業生が民間企業や公共機関で活躍し、地域社会の発展に貢献しています。経済経営学部の「就職力」を実感していただけると思います。

 今回は株式会社エイブルへの内定取得の体験記です。

内定取得体験記(株式会社エイブル)

桑原 義猛(2018年経済経営学部卒業 つくば開成高校出身)

 株式会社エイブルでは不動産の所有者と入居希望者の間を取り持って、入居者の新生活をサポートできる点に魅力を感じています。

 振り返ると、3年次になった頃から卒業後の進路として不動産業界を志望していたことを覚えています。私は不動産の仕事に繋がる資格である宅地建物取引士の取得を目標に勉強し、合格しました。

 実際に就職活動を始めてみて苦労したことは面接です。私は最初の頃面接が苦手で、面接の際は前日に準備した文章をただ読んでいたことを覚えています。それでは就職活動はうまくいきませんでした。面接では面接官の方とのコミュニケーションを意識することが重要だと思います。しっかりと相手の話を聞き、それに応えることが内定への一歩だと思います。

 就職活動は数を重ねることが大切だと思います。面接の数を重ねることで慣れてきて、いい意味で緊張がほぐれて面接の際に自然な会話をできるようになります。

 就職活動の際に辛い思いや苦しい思いをすることもあるかもしれませんが、その一つ一つが自分の成長に繋がるはずです。皆様の就職活動が有意義なものになることを願っています。


20180707_内定への道.jpg



桑原さんの在学中の活躍を知る


連載記事『内定への道』

経済経営学部入試情報
  • サマースクールの申し込み受付が7月2日(月)から始まっています。8月7日(火)・8日(水)の2回実施します。複数日の受講が可能で、実施前日の17:00まで申し込み可能です。なお、同じ形式のオータムスクール(9月16日(日)、17日(月))も実施予定です。

経済経営学部を知る
  • 観光&国際ビジネスコース開設。
  • 経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画配信中
  • 経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。
  • 経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebookTwitterInstagramでも常時お届けしています。
  • 次回のオープンキャンパスは7月21日(土)22日(日)です。経済経営学部の模擬授業は「東京ディズニーリゾートに学ぶ~経営学を考えよう~」(町田欣弥教授担当)「マネーとは何か?~ビットコインのその先は?~」(湯浅由一教授担当)です。経済学に関わる分野、経営学に関わる分野の2種の授業を両日ともに実施し、両分野の授業を1日で体験できます。湯浅教授町田教授のプロフィールが公開されています。
  • これに引き続き、8月4日(土)5日(日)にもオープンキャンパスを実施します。経済経営学部の模擬授業は「東京ディズニーリゾートのひみつ~キャストにアルバイトが多いのはなぜ?~」「人とロボット、どっちが賢い?~人工知能(AI)で生まれる仕事・消える仕事~」です。こちらも経済学に関わる分野、経営学に関わる分野の2種の授業を両日ともに実施します。
  • 経済経営学部ではオープンキャンパス夏期企画で観光&国際ビジネスコースの実務家教員による特別セミナーを実施します。


TOP