お知らせ

地域創生研究センター採択プロジェクト~その4~

2020/12/19教員情報

 「駿河台大学令和2年度地域創生研究センター研究プロジェクト」の助成を受け、共同研究を行った成果の一部を随時報告してまいります。なおメンバーは市川紀子(駿河台大学・代表)、小野正芳教授(千葉経済大学)、丸山佳久教授(中央大学)、吉田智也准教授(中央大学)です。
駿河台大学地域創生研究センターは「本学における地域創生に関する研究及び調査を行うとともに、地域の発展に資すること」を目的としています。その目的を念頭に置き、本研究は採択承認されたものです。研究課題は「埼玉県北西部・南西部地域における地域創生のための会計の研究」(以下、本プロジェクト)です。主として埼玉県北西部から南西部地域における地域創生のために会計学(および経営学、経済学)の観点から研究を行うものです。

◆地域創生会計研究会第4回(2020年9月16日)
 本プロジェクトの一環として、終日、埼玉県飯能市内のテーマパークを含む観光地等の現地調査、および公共交通機関の現状調査を行いました。
(調査はコロナウイルス感染症拡大防止対策を取りながら実施しました。)

20201219keizaikeiei01.jpg(埼玉県飯能市内の現地調査:2020.09.16/写真時のみマスク未着)

◆地域創生会計研究会第5回(2020年10月13日)
 本プロジェクトの一環として、当日夜にWeb会議システムを用いた電子研究会を開催致しました。今後予定されている中央大学・駿河台大学の合同公開研究会に向けて、研究報告の進捗状況の確認、打合せ等を行いました。

20201219keizaikeiei02.jpg.png(Web会議システムを用いた電子研究会:2020.10.13)

◆地域創生会計研究会第6回(2020年10月21日)
 本プロジェクトの一環として、当日夜にハイブリッド型(対面+オンライン)研究会を開催致しました。第5回(10/13)に続き、第6回(本研究会)も、今後開催が予定されている中央大学・駿河台大学の合同公開研究会に向けた打合せを行い、研究報告の最終確認を行いました。
(研究会はコロナウイルス感染症拡大防止対策を取りながら実施しました。)

20201219keizaikeiei03.jpg
20201219keizaikeiei04.jpg
20201219keizaikeiei05.jpg.png(ハイブリッド型(対面+オンライン)研究会:2020.10.21)


地域創生研究センター採択プロジェクト

経済経営学部入試情報

経済経営学部を知る




TOP