お知らせ

地域創生研究センター採択プロジェクト~その3~

2020/11/11教員情報

 「駿河台大学令和2年度地域創生研究センター研究プロジェクト」の助成を受け、共同研究を行った成果の一部を随時報告してまいります。なおメンバーは市川紀子(駿河台大学・代表)、小野正芳教授(千葉経済大学)、丸山佳久教授(中央大学)、吉田智也准教授(中央大学)です。
 駿河台大学地域創生研究センターは「本学における地域創生に関する研究及び調査を行うとともに、地域の発展に資すること」を目的としています。その目的を念頭に置き、本研究は採択承認されたものです。研究課題は「埼玉県北西部・南西部地域における地域創生のための会計の研究」(以下、本プロジェクト)です。主として埼玉県北西部から南西部地域における地域創生のために会計学(および経営学、経済学)の観点から研究を行うものです。

◆地域創生会計研究会第3回(2020年09月02日)
 本プロジェクトの一環として、森林現地調査(飯能市内の森林)および森林に関するインタビュー(西川広域森林組合)を行いました。前者は,市川洋太郎氏所有の飯能市内の森林現地調査,後者は小峰幸平氏(西川広域森林組合 代表理事組合長),宮沢庸郎氏(西川広域森林組合業務部 部長)にインタビューを致しました。インタビュー場所は飯能市林業センター内です。
 みなさまにはインタビューにご協力頂きまして感謝申し上げます。
(インタビューや現地調査はコロナウイルス感染症拡大防止対策を取りながら実施しました。)

20201111keizaikeiei.png(森林現地調査:2020.09.02)

20201111keizaikeiei04.jpg(西川広域森林組合インタビュー/飯能市林業センター内にて:2020.09.02/写真時のみマスク未着)


地域創生研究センター採択プロジェクト

経済経営学部入試情報
  • 学校推薦型選抜公募制推薦の出願受付が11月9日(月)に始まりました。出願Web登録は11月19日(木)16:00まで、書類は11月19日(木)消印有効です。入試は11月28日(土)に実施されます。

経済経営学部を知る


TOP