お知らせ

新入生セミナーに参加した留学生の感想を掲載しました

2018/06/06学部行事

 4月9日(月)~10日(火)の2日間にわたって開催された経済経営学部の新入生セミナーの体験記を留学生2名にお寄せいただきました。

留学生の感想

 4月10日、朝8時40分、経済経営学部の新入生は駿河台大学に集合して、栃木県益子町に遠足に行きました。そこで陶磁器の茶碗に自分の好きな絵を描いて、皆さんと一緒に昼食をとりました。午後は益子観光いちご団地へ行き、いちごを食べて、美味しかったです。とても楽しい一日を過ごしました。

チョウ・ホウエン(経済経営学部1年)

 大学生活が始まり、新しい環境の中、新入生セミナーを通して、多くの方から話を聞く機会がありました。バスを利用して、栃木県へと向かいました。バスの中では先輩方が用意してくれたクイズ問題や、大学生活について教えていただきました。また、益子焼の絵付けはグループに分かれて行いました。色々個性を持って、自分だけの湯呑みを作ることができました。その後、焼きあがった湯呑みを見せ合い、楽しかったです。いちご狩りは学生同士だけではなく、教授や先輩とともに楽しむことができました。帰り道では、ビンゴなどの小ゲームを行い、そんな中、何人か友達ができました。
 セミナーを終え、まだ短い期間だが、大学生活では様々なことが起こり、自分から行動するようになりました。自分が動かない限り、世界も広がらないと思いました。これからは、相手から動くではなく、自ら行動するよう日々精進していきます。

シュ・セントン(経済経営学部1年)

20180606新入生セミナー感想01.jpg益子町でのいちご狩り

20180606新入生セミナー感想02.jpg焼き上がったオリジナル茶碗を手に

20180606新入生セミナー感想03.jpg感想を寄せてくれたチョウ・ホウエンさん


経済経営学部を知る


TOP