お知らせ

授業紹介~地域とスポーツ(その1)

2019/06/01授業紹介

 地域科目「地域とスポーツ」は経済経営学部の教員(明石・大森・小澤・増田・町田)がオムニバス形式で担当していますが、今年度はサッカー部の髙峯監督、ラグビー部の松尾監督、埼玉西武ライオンズ球団の方々、ハンドボール日本男子代表の舎利弗コーチも講義に加わってくださっています。このとても贅沢な授業の一旦をお伝えしたいと思います。

 5月22日(水)は、サッカー部の髙峯弘樹監督の回でした。授業は、本来スポーツとは "deportare"「義務からの気分転換、元気の回復」「遊び」であったが、明治時代初期の富国強兵をめざしていた日本にスポーツが入ってきた際、「身体を鍛えることが目的」となってしまったという指摘から始まりました。その結果、日本のスポーツは不幸にも「気合と根性」「忍耐」「苦行」「勝利至上主義」などをキーワードとするものとなってしまい、その状況が今に至るまで続いているのです。

 2年間ドイツのクラブチームでプレーした経験を持つ髙峯監督は、様々な映像も使いながら、「地域とスポーツ」を実地に体験した方ならではの貴重な講義を展開してくださいました。監督のスポーツに対する思いは、学生たちに十分伝わったことと思います。

20190601_keizaikeiei_01.jpg

20190601_keizaikeiei_02.jpg「地域とスポーツ」で講義をおこなうサッカー部の髙峯弘樹監督(2019.5.22撮影)


経済経営学部を知る
  • 観光&国際ビジネスコース開設。
  • 経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画配信中
  • 経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。
  • 経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebookTwitterInstagramでも常時お届けしています。
  • 次回のオープンキャンパスは6月15日(土)です。経済経営学部の模擬授業は、「サッカーから世界を眺めてみよう~ドイツのサッカーとものづくり~」(明石真和教授担当)です。ぜひお越しください。


TOP