MENU
Language
アクセス
  1. トップ
  2. 学部・研究科レポート
  3. ホタル鑑賞会/初夏の花が開花中〜駿大里山&ビオトープ通信2018その5〜

学部・研究科レポート

2018.07.03

ホタル鑑賞会/初夏の花が開花中〜駿大里山&ビオトープ通信2018その5〜

 6月9日(土)、30日(土)の両日、経済経営学部伊藤雅道教授の指導により、環境ボランティアの作業の一環として今年度初めてのビオトープ整備を行いました。この時期はホタルが蛹~成虫の時期でビオトープの水流にはいないため、1年のうちで水路の清掃ができる貴重な時期です。ボランティア参加学生の奮闘により、水路の清掃と両岸の草刈りを行いました。
 また、作業日にはさまれた12日(火)にはホタル鑑賞会も実施され、経済経営学部伊藤教授が説明・案内役を務めました。

初夏の花が開花

 大学構内では日本の初夏を代表する花、アジサイが開花しています。アジサイは梅雨時の花として有名ですが、開花期が長いため梅雨が開けたいまも花を楽しむことができます。また、ビオトープのかたわらではネジバナが開花中です。ネジバナはラン科の在来種として貴重な存在、らせん状に花をつけるのが面白く、「モジズリ」の別名でも知られています。

 駿大の里山では加治丘陵の初夏を代表するオカトラノオの特徴的な花が開花しています。名前は細長い花序を「虎の尾」にたとえたものです。また、東門付近には大きなネムノキがあってこちらも開花を始めています。

20180703ビオトープ通信2_01.jpg(左)ホタル鑑賞会の模様(2018.6.12撮影)。
(右)ビオトープの草刈りに奮闘し休憩する環境ボランティア。彼らの活躍がビオトープを支えています(2018.6.30撮影)。

20180703ビオトープ通信2_02.jpg駿大構内ではアジサイ(左)、ネジバナ(右)の花が開花しています(2018.6.13撮影)。

20180703ビオトープ通信2_03.jpg駿大の里山ではオカトラノオ(左)、キャンパスの一角ではネムノキ(右)の花が開花しています(2018.6.26撮影)。




駿大里山&ビオトープ通信


経済経営学部入試情報

  • サマースクールの申し込み受付が7月2日(月)から始まっています。8月7日(火)・8日(水)の2回実施します。複数日の受講が可能で、実施前日の17:00まで申し込み可能です。なお、同じ形式のオータムスクール(9月16日(日)、17日(月))も実施予定です。


経済経営学部を知る

  • 経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画配信中
  • 経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。
  • 経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebookTwitterInstagramでも常時お届けしています。
  • 次回のオープンキャンパスは7月21日(土)22日(日)です。経済経営学部の模擬授業は「東京ディズニーリゾートに学ぶ~経営学を考えよう~」(町田欣弥教授担当)「マネーとは何か?~ビットコインのその先は?~」(湯浅由一教授担当)です。経済学に関わる分野、経営学に関わる分野の2種の授業を両日ともに実施し、両分野の授業を1日で体験できます。湯浅教授町田教授のプロフィールが公開されています。
  • これに引き続き、8月4日(土)5日(日)にもオープンキャンパスを実施します。経済経営学部の模擬授業は「東京ディズニーリゾートのひみつ~キャストにアルバイトが多いのはなぜ?~」「人とロボット、どっちが賢い?~人工知能(AI)で生まれる仕事・消える仕事~」です。こちらも経済学に関わる分野、経営学に関わる分野の2種の授業を両日ともに実施します。

学部レポート

    PAGE TOP