お知らせ

公務員試験に向けた模擬面接を実施中です

2020/08/11公務員・資格試験学習室

 法学部では毎年30人以上の公務員合格者(市役所・警察官・消防官など)を出しています。それは法学部のさまざまな取り組みが功を奏しているからです。

  1. 希望の進路に直結する「3コース制」(企業と法、警察と消防、法職・行政職公務員)
  2. カリキュラム内の「公務員試験対策科目」
  3. 「公務員・資格試験学習室」による学習サポートや「模擬面接」
  4. キャリアセンター主催の「公務員講座」

 とりわけ公務員志望者の強い味方となるのが、「公務員・資格試験学習室」とキャリアセンターが合同で実施する「模擬面接」です。筆記試験を乗り越えた学生たちを待つのは、一筋縄ではいかない面接試験だからです。
 法学部の全教員が面接官となって、公務員試験の面接で想定される質問を学生に投げかけ、回答の内容や話し方、服装や態度に至るまで事細かにチェックし、面接終了後には具体的なアドバイスを送ります。また近年増えている「集団討論」の練習も希望者を対象に行っています。
 面接の練習は1回や2回では本番に対応できないので、学生は何度でも「模擬面接」に参加して、意見の異なるさまざまな教員から指導を受け、どのような面接官にも対応できるように訓練を重ねます。5回、6回と参加する学生も少なくありませんが、「模擬面接」を通して面接スキルを身につけるだけではなく、「絶対に公務員になりたい」という思いを強めていきます。
 残念ながら今年は対面での面接指導がかなわないので、学生1人あたり30分の「模擬面接」をオンラインで実施しています。あなたも駿河台大学の法学部に入って、公務員を目指しませんか。

20200729low02.png面接での心構えを説きます    過去の「模擬面接」の様子

  ※写真は昨年度の様子です。

 法学部のさまざまな取り組みについて、詳しいことを知りたい方は、オープンキャンパスの個別相談にお越しください。こちらはとてもソフトにお話しさせていただきます。同様にWebの個別相談も受け付けております。

 ※今後のオープンキャンパスについては、新型コロナウイルス感染症の影響等により、内容を変更する場合があります。オープンキャンパスの最新情報は、本学受験生応援サイトにてご確認ください。



TOP