お知らせ

パーソルテンプスタッフ内定報告(内定への道2018 その5)

2018/06/23内定への道

 2018年3月経済経営学部卒業生の新しい内定報告を連載で掲載しています。経済経営学部は変化の激しい現代社会に対応できる人材、地域社会で活躍できる職業人の育成をめざしています。そのため、多様な学習をサポートし、徹底したICT教育、体験重視、現場に触れるキャリア教育、コミュニケーション力を向上させる少人数教育などを推進して就職力アップを図っています。その結果、多くの卒業生が民間企業や公共機関で活躍し、地域社会の発展に貢献しています。経済経営学部の「就職力」を実感していただけると思います。

 今回はパーソルテンプスタッフ株式会社への内定取得の体験記です。

内定取得体験記(パーソルテンプスタッフ株式会社)

冨永 千尋(2018年経済経営学部卒業 福島県立修明高校出身)

 就職活動では、本当にたくさんの企業の説明会や選考に参加しました。自分自身はっきりと何がしたいか決まっていなかったので、業界をあまり絞らずに活動していました。業界を絞って活動する方がいいと言う人もいると思いますが、業界をあまり絞らずにいろいろな企業を見てみることも1つの方法だと私は思います。今まで考えもしなかった業界や職種を知り、興味を持つことで自分の将来の仕事の幅を広げることができると思います。

 また、1人で抱え込まずに、困ったらキャリアセンターやゼミの先生、友達など、誰かに話を聞いてもらってください。就職エージェントに登録するのもいいと思います。履歴書の添削や面接練習、非公開の求人紹介などいろいろサポートしてくれます。時間がかかっても自分の納得のいく就職活動をしてください。

20180623内定への道01.jpg


連載記事『内定への道』

経済経営学部を知る
  • 観光&国際ビジネスコース開設。
  • 経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画配信中
  • 経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。
  • 経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebookTwitterInstagramでも常時お届けしています。
  • 次回のオープンキャンパスは7月21日(土)22日(日)です。経済経営学部の模擬授業は「東京ディズニーリゾートに学ぶ~経営学を考えよう~」(町田欣弥教授担当)「マネーとは何か?~ビットコインのその先は?~」(湯浅由一教授担当)です。経済学に関わる分野、経営学に関わる分野の2種の授業を両日ともに実施し、両分野の授業を1日で体験できます。湯浅教授町田教授のプロフィールが公開されています。
  • これに引き続き、8月4日(土)5日(日)にもオープンキャンパスを実施します。経済経営学部の模擬授業は「東京ディズニーリゾートのひみつ~キャストにアルバイトが多いのはなぜ?~」「人とロボット、どっちが賢い?~人工知能(AI)で生まれる仕事・消える仕事~」です。こちらも経済学に関わる分野、経営学に関わる分野の2種の授業を両日ともに実施します。


TOP