お知らせ

いなげや内定報告(内定への道2018 その12)

2018/09/22内定への道

 2018年3月経済経営学部卒業生の新しい内定報告を連載で掲載しています。経済経営学部は変化の激しい現代社会に対応できる人材、地域社会で活躍できる職業人の育成をめざしています。そのため、多様な学習をサポートし、徹底したICT教育、体験重視、現場に触れるキャリア教育、コミュニケーション力を向上させる少人数教育などを推進して就職力アップを図っています。その結果、多くの卒業生が民間企業や公共機関で活躍し、地域社会の発展に貢献しています。経済経営学部の「就職力」を実感していただけると思います。
 今回は株式会社いなげやへの内定取得の体験記です。

内定取得体験記(株式会社いなげや)

大木 諒(2018年経済経営学部卒業 東京都立東村山西高校出身)

 私の内定が一番早く出たのは、3年生の3月頃でした。しかし、まだやりたいことが定まっていなかったので、6月までは就活を続けようと決めました。
 その後、15社以上は受けに行ったと思います。何社か落とされてしまったものもありましたが、それまでの就活のおかげで半分以上は最終選考まで残ったり、内定をいただくことができました。

 途中で、進みたい業界が決まったのでその業界一本に絞り、就活を続けました。就活が終わった7月以降は、最後の学生生活ということで、プライベートを充実させようとしていましたが、今まで気付かなかった業界の内情や今後に対して思うところが次々と出てきました。

 就職活動は、学生の立場ではどうしても企業や業界の内情を全て知ることは不可能だとは思います。就活を早く終わらせるにせよ、一年間続けるにせよ、後悔しないように企業や業界の情報をできるだけ集め、進路を決めていくのが大切だなと感じました。

20180922いなげや内定報告.jpg



連載記事『内定への道』

経済経営学部入試情報
  • スクール型自己PR型AO入試1期、編入学入試10月募集の出願受付は9月20日(木)から始まります。受付は10月5日(金)まで、書類は10月6日(土)必着です。試験は10月13日(土)に実施されます。

経済経営学部を知る


TOP