お知らせ

交流会のために法学部卒業生がやって来ました(1)~橋本智紀さん(市役所職員)

2017/08/26その他

 7月6日(木)に、キャリアセンターが主催する「卒業生との交流会」が開催され、市役所・消防・警察に勤める法学部卒業生が、在校生のために大学に来てくれました。今回はその中から、飯能市役所にお勤めの橋本智紀さん(2012年度卒業・福島県立田村高等学校出身)をご紹介します。

 高校時代に公務員を目指すようになった橋本さんは、大学生になってから学内の公務員講座を受講するなど、公務員受験の勉強を頑張ってこられました。この日の座談会では、受験勉強は大変なので地道に勉強を続けることが大切であることを、学生に教えてくださりました。

 橋本さんは大学時代、法律相談部というサークルに所属し、飯能市民からの法律相談のアシスタントとして活動されていました。法律相談部での活動のおかげで、「市民が聞きたいことが何か」を正確に知り、それに合った回答を行うコミュニケーション力を身につけることができたそうです。

20170825law_01.jpg

在校生たちにアドバイスする橋本さん

 現在、橋本さんは資産税課に配属され、課税業務などを担当されています。大学時代に学んだ法律、特に行政法の知識は、市役所職員になってからとても役立っているとのことです。

 資産税課では、税金の知識だけでなく様々な関連法務の知識が必要です。橋本さんによると、市役所での業務を通じて様々な法律に接し、自らの知識を活かせることが、仕事のやりがいにもつながっているそうです。



TOP