お知らせ

卒業生からのメッセージ(1)――志賀允さん

2017/06/24その他

 駿河台大学法学部の卒業生たちは、社会のさまざまな分野で活躍しています。先日(5月25日)、そのような卒業生の一人、竹内崇人さん(埼玉県警)へのインタビューを掲載しましたが、今後も卒業生たちの近況報告などを、「卒業生からのメッセージ」「卒業生へのインタビュー」としてお届けしていきます。今回は、2014年度卒業の志賀允さんから届いた記事をご紹介します。

法学部法律学科2014年度卒業 志賀允

新潟県立新潟西高等学校出身

 私は、大学時代に法学部に所属し、法律を学んでいました。そして部活動では法律相談部に所属し、飯能市役所と協力して、無料の法律相談のアシスタントをしていました。この経験を通して、学生のころから法律関係の仕事に強い興味を持っていました。

 また、部活動の一環として、学園祭(駿輝祭)では模擬裁判を行い、私は検察官役をさせていただきました。実際に実務に近い用語や雰囲気の中で行ったので、法律に関係する仕事をしたいという意欲はどんどん強くなりました。

 大学卒業後、一般の民間企業に就職しましたが、なんとか法律を使う仕事に就きたいと考え、現在は、西澤税理士事務所というところで会計に関する業務を行っています。今後は法律関係の資格を取得し、大学時代に培った知識と経験を生かして、活動の幅を広げていきたいと考えています。

20170624law_01.jpg

学生時代の志賀さん(前列左から3番目・模擬裁判の時の写真)



TOP