留学・国際交流

留学受け入れ

入学を希望する外国人留学生へ

駿河台大学の日本語科目には以下のような科目があります。必修科目以外にもレベルと関心によって自分に合った科目を選択することができます。

A群:必修科目

日本語必修科目は、日本語総合(文法能力)、日本語表現(読解力・表現力)、日本語発展(文章表現力)の3科目で「読む・書く・聞く・話す」の4技能を養います。「日本語総合 I / II」、「日本語表現 I / II」は、学部1年生が受講する必修科目です。「日本語総合 IIIA / IIIB」は学部2年生、編入学3年生が受講する必修科目です。

「日本語総合 I / II」

総合的な日本語科目として、日本語の表現文型を中心に基礎的な日本語を学びます。

「日本語表現 I / II」

小説から論文までさまざまな種類の文章を読み、理解力を高めます。また、文章をもとに質疑や発表を行い、表現力を養います。

「日本語発展 I / II(日本語 IIIA / IIIB )」

卒業論文作成を目標に、書き言葉の文法や表現を習得し、日本語の文章力を高めます。

B群:選択科目

「日本語演習 A / B」

JLPT(日本語能力試験)やBJT(ビジネス日本語能力テスト)対策を中心に少人数で日本語を学びます。

「日本語文法 A / B」

日本語の文法を基礎から学び直す科目です。主に日本語能力試験のN2レベルの日本語を復習します。

「総合日本語 A / B」

日本語の漢字や語彙を学ぶ科目です。漢字や語彙が増えれば、日本語の表現力も上がります。