お知らせ

Terve!―ヒライ先生のフィンランド通信―その5

2021/01/25教員の活動

スポーツ科学部/現代文化学部 教授 平井純子

(5)フィンランドのウィンタースポーツ
 国土が北緯60度以北に位置するフィンランド。1年の半分近くは冬です。そんな環境の中で、フィンランドの人々が楽しんでいるスポーツを紹介します。

 まずはクロスカントリースキー。フィンランドの文化の一つであり、物心つくころにはもう楽しんでいるそうです。古くは移動手段であったため、現在でもクロスカントリースキーでフィンランド全土にアクセスできるルートがあります。かかとの上がる細くて軽いスキー板で楽しみます。

20210125_sports.jpg町に設置されたクロスカントリースキーのコース(Ranuaにて)

 ダウンヒルスキーやスノーボードも一般的です。フィンランドには、約75のスキーリゾートがありますが、フィンランドは標高が最高の場所でも1328m(北部にあるHaltitunturi)なので、日本よりも迫力がないかも。そして、リフトはTバーリフト(t型の固いバーを二人で挟んで尻に当てるもの)のところが多く、初めて乗るときは緊張するかもしれません。

20210125_sports02.jpg.png1月初め午後3時ごろのスキー場(Iso-Syöteにて)

 スケートは学校の授業でも取り組まれています。夏の間はグランドとしている場所に水を張り、リンクを作ります。フィンランドの国民的スポーツであるアイスホッケーを楽しむ姿も多くみられます。

20210125_sports03.jpg.pngプロ選手によるアイスホッケー教室(Ouluにて)

 そして、最近増えているのがファットバイク。その名の通り、タイヤの太い自転車で、電気で動くものもあり、斜面も簡単に上っていけますし、雪の上もへっちゃら、凍結した湖や海の上での移動も楽々です。夏にもスキー場の斜面を使って楽しめるツールです。

20210125_sports04.jpg.pngファットバイク(Visit Ouluより引用)

 他にもスノーモービルや凍結した湖上での釣りなど、冬ならではのスポーツを楽しむ姿がいたるところで見られます。フィンランド人はアウトドアスポーツが大好きなのです。



TOP