お知らせ

8月22~23日オープンキャンパス模擬授業に登場する教員のプロフィールを掲載しました(その2 大松 寛准教授)

2020/08/15オープンキャンパス

 次回のオープンキャンパスは、新型コロナウイルス感染予防対策を行いながら、飯能キャンパスで完全事前予約制で開催となります(個別相談はオンラインでも実施します)。8月22日(土)23日(日)に連続開催の予定です。
 8月22日(土)、23日(日)の経済経営学部の模擬授業は、麻場勇佑准教授が「東京ディズニーリゾートの秘密~キャストにアルバイトが多いのはなぜ?~」、大松寛准教授が「企業競争はゲームだ?!~駆け引きと協力の経済学~」のタイトルで担当し、経済学に関わる分野、経営学に関わる分野の2種の授業を両日ともに実施します。タイムスケジュールはオープンキャンパスの案内ページでご確認ください。
 今回は大松准教授の簡単なプロフィールをインタビュー形式で紹介します。‬
 ぜひ駿大オープンキャンパスに、そして経済経営学部の模擬授業にお越し下さい。

Q:模擬授業でアピールしたいこと
A:経済問題や社会問題には、共通の形があります。そこに気が付くと、いろいろな問題が驚くほど似た
 特徴をもつことがわかります。問題を解決しようと思ったら、そこを解消しないと本当の解決にはなり
 ません。今回はそのためのポイントを紹介したいと思います。

Q:専門分野
A:市場での企業活動がどうおこなわれるかを理論的に研究しています。企業を動かしているのは人なの
 で、結局、いろいろな場面で人が何を気にしながらどんな選択をして生きているのか、を考えることに
 なってしまいます。今回の授業も、そういう発想から考案された研究方法を紹介するものです。

Q:担当授業
A:市場の仕組みを学ぶ「ミクロ経済学」、市場での企業の活動を学ぶ「市場と企業の理論」、社会人の
 教養としての数学や理論的な科目を学ぶ基礎になる「基礎数学」などです。

Q:おすすめの本,雑誌,サイト
A:リリアン・R・リーバーの『数学は世界を変える』をすすめます。高校生のみなさんでも「読める」
 言葉(翻訳版だということでなく)で書かれていますが、「意味」はわからないでしょう。けれど、大
 学を卒業する頃か、社会人になってしばらく経ってから「わかってくる」内容です。大学で何かを「読
 む」とは、本来そういうことなのです。

Q:高校生へのメッセージ
A:経済学のイメージは人さまざまです。お金儲けのためというイメージの人もいるでしょう。でも、そ
 れではもったいないです。うまく使えば、社会や組織を変えることができます。「すぐに使える知識は
 すぐに使えなくなる」ものです。「長く」使える知識である経済学に目を向けてみてください。

20200811keizaikeiei.oc02.jpg2年次対象プレゼミナールIIIの説明会に登場した大松准教授(2019.9.26撮影)

♢オープンキャンパス・WEB個別相談のお申込みは【受験生対象】各種申込フォームからお願いします。


経済経営学部を知る
  • 観光&国際ビジネスコース開設。
  • 経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画配信中
  • 経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。
  • 経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebookTwitterInstagramでも常時お届けしています。
  • 次回オープンキャンパスは8月22日(土)23日(日)に開催予定です(新型コロナウイルス感染症の影響等により、内容を変更する場合があります。オープンキャンパスの最新情報は、本学受験生応援サイトにてご確認ください)。経済経営学部の模擬授業は、「東京ディズニーリゾートの秘密~キャストにアルバイトが多いのはなぜ?~」と「企業競争はゲームだ?!~駆け引きと協力の経済学~」を予定しています。経済学に関わる分野、経営学に関わる分野の2種の授業を両日ともに実施します。
  • 「動画で知る経済経営学部」ではオープンキャンパスで展示している学部紹介パネルをウェブ上でご覧いただけます。


TOP