MENU
Language
アクセス
  1. トップ
  2. 学部・研究科レポート
  3. 小金井精機製作所内定報告(内定への道2020 その4)

学部・研究科レポート

2020.08.08

小金井精機製作所内定報告(内定への道2020 その4)

 2020年3月経済経営学部卒業生の新しい内定報告を連載で掲載しています。経済経営学部は変化の激しい現代社会に対応できる人材、地域社会で活躍できる職業人の育成をめざしています。そのため、多様な学習をサポートし、徹底したICT教育、体験重視、現場に触れるキャリア教育、コミュニケーション力を向上させる少人数教育などを推進して就職力アップを図っています。その結果、多くの卒業生が民間企業や公共機関で活躍し、地域社会の発展に貢献しています。経済経営学部の「就職力」を実感していただけると思います。
 今回は小金井精機製作所の内定取得の体験記です。

内定取得体験記(小金井精機製作所)

加藤 大輔(2020年経済経営学部卒業 東京都立拝島高校出身)

 私は小金井精機製作所から内定をいただきました。

 私が就職活動を行い学んだことを、これから就活をする後輩の皆さんへ向け、アドバイスとして3つお伝えしたいと思います。

1つ目
 まず、卒業に向け必要な単位をなるべく早めに修得しておくこと。私は4年生になっても単位数に余裕がなく、スーツで授業を受けてから説明会や面接に行くことがとても大変でした。就活は時間を要し、スケジュールの調整も求められます。できる限り時間の余裕を作っておきましょう。

2つ目
 自分がどんな仕事をしたいか明確にしておくこと。私は自動車や自動二輪を整備することや、カスタマイズすることがとても好きで、自動車の製造に関わる仕事をしたいと決めて就活を行いました。
 やりたいことが見つからないと思う方は、積極的にインターンシップに参加したり、業界、企業研究をすると、自分に合った職業が見つかるでしょう。

さいごに
 とにかく前向きに就活をすること。選考に落ちることなんて当たり前にあります。「その会社の求める人材が自分と合致しなかっただけ。」ただそれだけの事です。次の企業に向け、全力で進む事が将来につながると私は思います。困ったときはキャリアセンターや先生、親族の方に相談してみることをおすすめします。皆さんの就活を応援しております!

20200807keizaikeiei.jpg



連載記事『内定への道』


経済経営学部を知る

  • 観光&国際ビジネスコース開設。
  • 経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画配信中
  • 経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。
  • 経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebookTwitterInstagramでも常時お届けしています。
  • 次回のオープンキャンパスは8月22日(土)・23日(日)に開催予定です(新型コロナウイルス感染症の影響等により、内容を変更する場合があります。オープンキャンパスの最新情報は、本学受験生応援サイトにてご確認ください)。経済経営学部の模擬授業は、「東京ディズニーリゾートの秘密~キャストにアルバイトが多いのはなぜ?~」と「企業競争はゲームだ?!~駆け引きと協力の経済学~」を予定しています。経済学に関わる分野、経営学に関わる分野の2種の授業を両日ともに実施します。
  • 「動画で知る経済経営学部」ではオープンキャンパスで展示している学部紹介パネルをウェブ上でご覧いただけます。

学部レポート

    PAGE TOP