お知らせ

1年次の3ゼミが合同でドッジボール企画を実施しました

2020/03/07ゼミ活動

 令和2年、新年最初のプレゼミナールのなかで、明石ゼミ、野田ゼミ、山崎ゼミ合同によるドッジボールが行われました。3つのゼミ生たちは普段の教室を離れ、自分たちが企画・準備をしたうえで競技を楽しみました。また時間がたつにつれバスケットボールやバレーボールなど、それぞれが自然とグループにわかれ自由な時間を過ごしました。ドッジボールのルールに馴染みのない留学生も多数参加したのですが、互いにフォローしあいながら笑いの絶えない合同ゼミであった風景が印象に残ります。

山崎 義広(経済経営学部講師)


 先日、プレゼミにおいて留学生と一緒にドッジボールをやるという企画をしました。それはとても有意義で楽しい時間になり、全員がやってよかったと思えるものだったと感じます。最初はそもそもコミュニケーションすら取れない、ルールを教えるのも大変なのではないか、など様々な不安がありました。しかし、留学生のほうからたくさん話しかけに来てくれ、必死にドッジボールを覚え、楽しそうにやっていたので自分たちの不安は消え、無事に成功することができました。今回の交流で私は日本で楽しまれているスポーツを違う国の方に教え、互いに楽しむことができて誇りに思います。それと同時に、留学生の方の国独特のスポーツや遊びなども教えてもらいたい、そう強く感じました。この機会をきっかけにもっと交流を増やして、様々な文化を知り、これからの社会に活かしていけたらいいと思います。そして、これからのゼミでもこのような活動をしていきたいと強く思います。

堀川 尚希(経済経営学部1年 二松學舍大学付属高等学校)


 私は先日、三クラス合同ゼミに参加しました。ドッジボールや、バスケットボール、バレーボールをしながら、同じクラスだけど話したことがなかった人、普段あまり関わることのない留学生のクラスの皆さん方と話すことができてとても新鮮でした。私は高校まで、しても良いスポーツが制限されていてみんなで一緒にスポーツをするということをあまりしてきませんでした。だからこそ今回合同ゼミで、他クラスと交流をしながらたくさんの人と運動できたのは嬉しかったです。大学生になってから普段の運動量が減ってしまっていたので、これからできるだけ積極的に動こうという意識改革にもなり、良い機会だったのではないかと思います。三クラス合同ゼミ、とても楽しかったです。

髙橋 桃佳(経済経営学部1年 小牛田農林高等学校)


20200307keizai.jpg体育館での3ゼミ合同ドッジボール企画の様子(2020.1.9撮影)


経済経営学部を知る


TOP