お知らせ

プレゼミナールⅠで水道に関する合同授業を開催しました

2019/06/26授業紹介

 6月20日(木)、経済経営学部プレゼミナールⅠ(初年次演習)のうち、9クラスが参加して水道に関する講演を聞きました。今回は飯能市水道業務課の綿貫光行氏を講師にお招きし、「飯能市の水道~水の大切さと水道事業について~」をテーマに、飯能市のまちづくり、水道の歴史、市内での取水・浄水・配水・給水という水道水ができるまでのしくみ、水道管の整備計画、飯能市水道事業の現況などを、わかりやすく説明していただきました。

 講演後のゼミ生のレポートでは、「日本のように安心して水道の水を飲める国が少ないことを初めて知りました」とコメントする学生も見受けられました。

 私たちは普段、水道を何気なく利用しています。しかし、蛇口をひねればいつでも安心して飲める水ができるまでには、多くの人たちの手が掛かっているのです。そして水道の水は無料ではありません。飲める水を無駄に流しっぱなしにしないよう、水は大切にしましょう。

野田 裕康(経済経営学部教授)

20190626keizaikeiei_01.jpg

20190626keizaikeiei_02.jpg飯能市のまちづくりや水道事業について講義をおこなう綿貫光行様(2019.6.20撮影)


経済経営学部を知る
  • 観光&国際ビジネスコース開設。
  • 経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画配信中
  • 経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。
  • 経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebookTwitterInstagramでも常時お届けしています。
  • 次回のオープンキャンパスは7月20日(土)21日(日)です。経済経営学部の模擬授業は、「東京ディスニーリゾートの秘密~キャストにアルバイトが多いのはなぜ?~」「消費税を学ぼう~消費税って何パーセント?~」です。経済学に関わる分野、経営学に関わる分野の2種の授業を両日ともに実施し、両分野の授業を1日で体験できます。ぜひお越しください。


TOP