MENU
Language
アクセス
  1. トップ
  2. 学部・研究科レポート
  3. 日商簿記検定3級合格体験記〜資格・検定への道2017その8

学部・研究科レポート

2017.09.30

日商簿記検定3級合格体験記〜資格・検定への道2017その8

 経済経営学部では積極的に学生の資格取得を支援しています。今回は、日本商工会議所・各地商工会議所主催の簿記能力検定試験に関する報告です。

 日商簿記検定試験3級は、ビジネスパーソンに必須の基礎知識です。経理・財務担当以外でも、職種にかかわらず評価する企業が多いです。基本的な商業簿記を修得し、経理関連書類の適切な処理や青色申告書類の作成など、初歩的な実務がある程度できるようになります。中小企業や個人商店の経理事務に役立ちます(日商HPより)。

 2017年に検定試験が実施され、本学の渡辺一稀さんが合格しました。

日商簿記検定3級合格体験記

渡辺 一稀(経済経営学部3年 福島県立郡山商業高校出身)

 日商簿記検定を取得しようと思ったのは、就職活動や就職した後でも役立つと考え、将来、金融系に進みたいと考えたからです。

 高校の時に簿記を勉強していたのですが、大学に入って全くしていなかったので最初は過去問ではなく問題集をたくさんやりました。分からない所は理解するまで問題を解いていきました。

 今後は、FP技能検定や秘書検定など色々な資格に挑戦したいと思います。

20170930keizaikeiei_01.jpg

 経済経営学部では、今後、資格取得者のさらなる増加を目指し、学生のスキルアップを目指していきます。皆さんを全力でサポートします!




経済経営学部入試情報



経済経営学部を知る

学部レポート

    PAGE TOP