お知らせ

大学生活をふりかえって(教職課程編(後編))

2022/05/24学生の活躍

教員免許(高等学校地理歴史・公民、中学校社会)を取得した卒業生からのメッセージを紹介します。

2021年度法学部卒業生 坂井 駿太朗
山梨県立塩山高等学校出身

大学生活をふりかえって(教職課程編(後編))_01Q. 履修した教職課程の授業で、楽しかった授業や役に立った授業などを教えてください。

A. 教職課程のうち、教職に関する必修科目は、教育実習で役に立ちました。
授業に関する科目のうち、地理や歴史、公民に関連する授業は、SPIや公務員試験の筆記試験対策にも繋がったので良かったと思います。

Q. 教職課程の履修や教育実習で頑張ったこと、大変だったこと、下級生に伝えたいことなどを教えてください。

A. 教育実習では、生徒にただわかりやすく説明する授業をするだけではなく、生徒の気持ちを汲み取ることを重点的に考えて、授業をおこないました。教職課程を履修する場合には、それなりの覚悟を持って履修することをおすすめします。


2021年度法学部卒業生 小谷 幸平
千葉県立安房高等学校出身

20220517hou_02.pngQ. 教職課程の履修や教育実習で頑張ったこと、大変だったこと、下級生に伝えたいことなどを教えてください。

A. 教育実習では、生徒一人ひとりと向き合いました。授業では、ICTを用いて、生徒たちが主体的かつ能動的に学習できる授業作りを頑張りました。実習期間に体育祭があり、教師側に立って生徒をサポートしたことが楽しかったです。
大変だったことは、研究授業での指導案作りです。内容を大幅に変更したために、指導教諭の先生と夜遅くまで指導案作りをしたことが大変であり、つらかったです。



TOP