お知らせ

オープンキャンパスで飯能市職員(本学卒業生)が講座を開催してくれました

2019/08/26オープンキャンパス

 8月3日(土)と8月4日(日)に実施されたオープンキャンパスでは、本学を卒業後に飯能市役所に採用されたOBとOGをお招きし、現在のお仕事の内容や心構えなどについてお話をしていただきました。ご多忙のところご協力してくださった飯能市役所の皆さんには、心より感謝申し上げます。

 さて今回は、当日お話をしてくれた冨岡勇輔さん(2019年3月法学部卒業)から頂いた、公務員を目指す後輩たちへのメッセージをご紹介します。


 今回のオープンキャンパスでは10分間という短い時間でしたが、私が公務員試験の対策として学生時代に行っていたことをお話させて頂きました。

 公務員試験というものは一夜漬けでどうにかなるものではありません。むしろ苦手な分野があっても、時間をかけて勉強していけば、次第にコツをつかむことができます。例えば、問題数の大半を占める数的処理や判断推理が苦手であっても、しっかり勉強すれば解き方を感覚で掴むことができると思います。

 実際私は、公務員試験の模試では全国で下から30番目という結果だったことがあります。高校入試の試験も数学は17点しか取ることができませんでした。それでも、毎日コツコツと勉強し続けることで、公務員試験に合格することができました。

 また、自分の志望する市町村の組織についても十分に調べておくことが大切です。公務員を目指す皆さんは必ず合格できると信じて、諦めることなく頑張ってください。

20190826law_01.JPG法学部OBの冨岡勇輔さん



TOP