お知らせ

チャレンジ!社会への第一歩―法学部生のインターンシップ体験記 '19 vol.3

2019/12/13インターンシップ

 今年度も、夏休み期間などを使って多くの法学部生が官公庁や企業でインターンシップを体験しました。学生たちからその報告が届いていますので、順次ご紹介いたします。

飯能信用金庫(東飯能支店)

法学部法律学科3年 沼口倫己
埼玉県川口市立川口総合高等学校出身

20191213hou_1.jpg

 私は飯能信用金庫(東飯能支店)で5日間のインターン実習をさせていただきました。

 実習内容としては、ビジネスマナー講座をはじめとして、本部の職場体験、事務センターの見学、営業支店の1日半の職場体験、そして最終日には、新入社員方の方々との交流会や人事の方々と模擬面接をさせていただきました。

 印象に残ったのは、営業支店における職場体験です。出納業務、窓口業務、テラー、融資業務、営業部など様々な仕事を教えていただきました。この体験をつうじて、信用金庫の仕事というのは、お金を預けたり貸したりする事だけでなく、地域のお客様の希望に沿った提案をする営業や法人、住民のローンの融資など幅広い業務内容に及んでいることが分かりました。

 また、信用金庫は人と関わる仕事であり、地域の結びつきが強いので人とのつながりが大切です。お客様の信用を得るためには、接し方や態度、身だしなみ、コミュニケーションのとり方など些細なことに気を配ることが重要です。私も人とのつながりを大切にし、接し方を心がけるようにしたいと思います。

 5日間の体験は、とても貴重な時間でした。飯能信用金庫の皆様、人事部教育グループの皆様、東飯能支店の皆様、お忙しい中大変お世話になりました。ありがとうございました。



TOP