理事長/学長メッセージ

理事長からのメッセージ

本学は、設立母体となる学校法人駿河台学園の創立者であります山﨑寿春の「『愛情教育』を基礎に学生が真剣に学ぶ本物の大学を作りたい」という寿春の遺志を引き継いだ、大学創立者の山﨑春之(初代総長・理事長)により、「情報化、国際化の時代を踏まえて、実社会に役立つ人材、国際社会で活躍できる人材を養成する」ことを目標に、高等教育機関として、この飯能の地に昭和62年に開設されました。以降、法学部、経済経営学部、メディア情報学部、現代文化学部、心理学部の5学部と、さらに大学院として、修士課程の総合政策研究科、心理学研究科を開設するとともに、各種研究所を設置し、約3千5百名の学生が在籍する人文・社会科学系の総合大学として成長し、発展するに至りました。 平成24年に第二代理事長の山﨑善久が、大学創立者の山﨑春之の「広い視野と豊かな識見、鋭い情勢判断と的確な行動力を兼ね備えた人物に成長して欲しい」という思いを引き継ぎ、「駿河台大学憲章」を制定し、愛情教育の具現化に尽力して参りました。

私どもは、今後とも学生一人ひとりの個性を最大限に尊重した教育を絶対的基盤とし、常に時代の要請に迅速に応えられる教育機関であるよう、大学としての役割や教育のあり方を常に確認するとともに、より一層充実した教育と研究及び社会・地域貢献等に取り組み、教育環境の整備に努めてまいります。

本学学生の諸君には、学問や諸活動を通して修められた知識、経験を基に、人生のグランドデザインを描き、社会へ羽ばたき活躍されることを心から祈念いたします。

学校法人駿河台大学 理事長 入江 孝信 学校法人駿河台大学 理事長
入江 孝信

-経歴-

大分大学理事・副学長・事務局長、東京医科歯科大学理事・事務局長、日本私立大学振興・共済事業団理事などを歴任。2014年4月1日より学校法人駿河台大学法人局長及び大学審議役、2017年9月1日より理事長に就任。

学長からのメッセージ

1.「愛情教育」

本学は「愛情教育」を教育の基本的な理念として、昭和62年に創設され、現在5学部2研究科を擁する、人文・社会科学系の総合大学です。「愛情教育」という理念は、教職員が「ひとりひとりの学生をありのままにみつめ、ひとりひとりの夢とその歩みを支援し、自立を促す教育」を実現し、豊かな人間性を育んでいくことを意味しています。この理念を踏まえ、本学は、社会人として活躍するのに十分な学力と能力を身に付け、地域社会のさまざまな活動の中で中核的役割を担うことのできる人材を育てることを教育の目的としています。


2.教育の目標

上記の教育の目的を実現するために、本学では専門的知識・技能の活用力と並べて、考える力、行動に移す力、協働する力などを「駿大社会人基礎力」と呼び、その涵養を重視しています。本学では、この「駿大社会人基礎力」を身に付けるために必要な科目を配置し、それぞれの科目でその達成度を検証しつつ、評価・改善に取り組む活動を実施しています。また、こうした教育の成果を実際の就業力に結びつけるために、教職員一体となった目配りの行き届いた就職支援活動を行っています。さらに、学生が充実した大学生活を送ることができるように学習環境の整備に取り組んでいます。


3.さまざまな学びの場

「愛情教育」の理念を実現するため、教育面では、ゼミといわれる演習授業を概ね20名以内の少人数で構成し、教員がきめ細かい指導を行っています。講義においても、教員と学生のコミュニケーションを図れるよう教室を整備し、先端的な教育の方法を工夫しています。 また、「地域」を学びとその実践の場と位置付け、「地域インターンシップ」や「まちプロ」(まちを元気に、まちで元気にプロジェクト)等の授業を通じて、広く社会に目を向ける機会を設けています。この姿勢は、進展著しいグローバル化に対する本学の対応にも貫かれています。世界のさまざまな国や地域から学生を受け入れ、多様なイベントを通じて、キャンパスが学生同士の異文化交流の場となるよう努めています。また、世界各地に数多くの留学・語学研修の機会を用意し、少ない負担で海外での学びや生活を経験することができるようになっています。

4.全学一体による学生支援

「愛情教育」の理念は、教育面だけに止まりません。本学の運営の理念でもあり、教職員が一体となって学生を支援する体制の構築にも反映されています。学生支援としては、職員もクラスを担当し、学生の様子を見守り支える「クラスアドバイザー」としての役割を担っています。ラウンジやイベントなど、学生が大学に来て充実した時間を過ごすことができる「居場所」作りを積極的に行うとともに、経済的支援を必要とする学生については、日本学生支援機構の奨学金だけでなく、本学独自の給付型の奨学金制度を用意しています。学生が就職活動に臨む時期にあっては、専任のキャリアセンター職員が教員と協力し、「キャリアアドバイザー」としてすべての学生と面談するなど、学生の適性を見極めながら適切なアドバイスができる態勢を整えています。

5.地域貢献

地域の中核的人材の育成に加えて、地域の発展や活性化への貢献を行うことも本学の重要なミッションです。現在、「喜樂学」をはじめ、多様な公開講座を開設するなどして、地域に学びの機会を提供し、地域社会の活性化に貢献しています。また、地域創生研究センターを創設し、「知の拠点」として、地域が抱える課題の解決に向けて、調査研究が始まっています。今後とも、本学教員の研究成果を、シンポジウムや公開講座などを通じて地域に還元し、地域の活性化に貢献していく所存です。

このように本学では、教職員一体となって、学生ひとりひとりの個性に目を向け、その夢の実現に向かってきめ細かい教育を行っています。また、埼玉県西部の地域社会に根ざした大学として、地域貢献に積極的に努めています。関係各位におかれましては、以上の趣旨、取組みについてご理解いただき、ご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

駿河台大学 学長 大森 一宏 駿河台大学 学長
大森 一宏

-経歴-

早稲田大学政治経済学部卒業、同大学院にて博士(経済学)取得。主な専門分野は日本経済史、日本経営史。 2006年4月駿河台大学経済学部(現経済経営学部)教授に就任。2012年4月より経済学部長、2015年4月より副学長、2016年4月よりグローバル教育センター長を歴任し、2019年4月より学長に就任し、現在に至る。



駿河台大学について



TOP