ニュース&トピックス

「MOS世界学生大会2020」日本大会にて駿河台大学の学生が入賞しました

2020/05/07教育・研究

 本学法学部の宮下万里子さんが「MOS世界学生大会2020」日本大会にて入賞しました。
20200507mos.jpg  本大会は、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)試験の成績上位で合格した学生を対象とし、入賞すると世界大会への出場選考に進むことができます。2020年度大会は、日本代表の座を目指して全国より延べ3万6千人を超える学生からエントリーがあった中、宮下さんはMOS試験のWord部門で優秀な成績を収め、今回見事入賞を果たしました。

MOS世界学生大会2020の詳細は、MOS世界学生大会紹介サイトをご確認ください。

 駿河台大学は、2015年度よりMOSの試験会場として認定され、学内受験が可能となっています。
情報処理教育センターでは、MOS試験にチャレンジする学生の受験サポートを積極的に行っており、2019年度の学内合格率は80.3%を実現しています。また、駿河台大学同窓会の支援により、MOS試験が学生割引価格のさらに半額で受験できる制度を設けるなど、各種資格試験に挑戦する学生を応援しています。

<参考>昨年度本学入賞者報告「MOS世界学生大会2019」(入賞報告/授賞式の様子

※MOS試験...ワードやエクセル、パワーポイントなどのMicrosoft Office製品の利用スキルを証明する資格試験です。
※MOS世界学生大会...学生を対象に「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」を通して、社会人として必要なスキルを身につけ、さらに卒業後には、国際的に活躍できる人材育成を目的として開催している、世界規模のパソコン大会です(MOS世界学生大会ページより抜粋)。



TOP