ニュース&トピックス

【重要】SNS利用上の注意について

2019/07/04お知らせ

学生の皆さんへ

 駿河台大学では、個人的なソーシャルメディアを利用する際の危険性や心構え、適切な行動を示す「駿河台大学ソーシャルメディアガイドライン」を策定しています。

 不特定多数のユーザーがコミュニケーションを行うことができるTwitter、Facebook、Instagram、LINEなどのSNSを利用している学生は、改めて以下に示しているソーシャルメディアガイドラインの内容を必ず確認し、遵守事項に反する利用は絶対にしないよう注意してください。

ソーシャルメディアガイドライン【遵守事項】


1.法令を守り、権利を尊重しましょう。
 日本国の法令を守りましょう。また、基本的人権、肖像権、プライバシー権、著作権、商標権などを侵害しないように注意しましょう。
 特に、次のような情報を発信してはいけません。
  誹謗中傷する内容
  他人のプライバシーに関する内容
  公序良俗に反する内容
  人種、民族、言語、宗教、身体、性、思想、信条等に関する差別的な内容

2.駿河台大学の一員であることを自覚し、責任をもって利用しましょう。
 あなたがソーシャルメディアで大学名を明示して発言した内容は、あなた個人のイメージではなく、駿河台大学のイメージで受け取られる可能性があることを十分に自覚しましょう。

3.発言内容に責任を持ちましょう。
 発言内容に対する責任は、発言者が負います。発言する前に、その内容に虚偽が無いことを確かめましょう。インターネットには不特定多数の人がアクセスできること、一度発信した情報は、完全には削除できないことを自覚してください。情報を転送する際も同様です。誤った内容を公開してしまった際には、素早く訂正しましょう。

4.自分の身は自分で守りましょう。
 個人情報の公開範囲について十分に検討しましょう。一度ネットワーク上に公開すると完全には削除できないこと、第三者によって保存され将来にわたり人物情報として利用される恐れがあることを認識し、自分自身のプライバシーの保護に留意しましょう。各ソーシャルメディアの利用規約を知り、個人情報の公開範囲に十分な注意を払いましょう。
 また、GPS機能のついたデジカメやスマートフォンで撮影した写真には、位置情報が埋め込まれるようになっており、投稿状態によっては写真掲載のみで、いつどこで何をしたかというプライベート情報が筒抜けになってしまいますので注意しましょう。



TOP