ニュース&トピックス

駿河台大学にMOSマスターが誕生!

2018/12/21教育・研究

 法学部2年の宮下万里子さん(山梨県立富士北稜高等学校出身)が、本学初のMOS 2016 マスターに認定されました! 宮下さんはMOS 2016マスター認定に必要な「Word2016 エキスパート」「Excel2016 エキスパート」「PowerPoint2016」「Access2016」の4科目だけでなく、「Word2016 スペシャリスト」と「Excel2016 スペシャリスト」の2科目にも合格しており、Outlook以外のすべてのMOS資格を取得しています。まさにMicrosoft Officeのスペシャリストとも言うべき宮下さんに、MOSマスター認定記念インタビューを受けていただきました!


20181221MOSマスタ-.jpg

ついにMOSマスターに認定されたわけですが、まずはその感想をお願いします。

MOSマスターを取得できて嬉しいです!

MOSマスターを目指すようになった理由やキッカケを教えてください

駿河台大学同窓会からいただける受験料半額補助の存在が大きかったです。半額補助があるなら、せっかくだから多くの科目を受験しようと考えました。そのおかげで、3科目分の受験料で6科目を受験することができました。

MOS資格の中で、もっとも印象に残った科目と、もっとも大変だった科目を教えてください

Accessが一番大変でした。リレーショナルデータベースの経験がなく、一から勉強したためです。Excel エキスパートも、初めて見る関数が多くて印象に残っています。

宮下さんはコンピュータ・リテラシーのSA(Student Assistant)やメディアセンターのパソコン相談員もしていますが、MOS資格で勉強したことは業務に役立っていますか?

役立っています。Officeアプリケーションの質問対応で困ることはほとんどありません。

パソコン関連の資格で次にチャレンジしてみたいものがあれば教えてください

ビジネス統計スペシャリストの資格に興味があるので、チャレンジしたいです。

MOSマスターにチャレンジして良かったですか?

はい、良かったです。自信を持ってOfficeアプリケーションを使えるようになりました。

みなさんに一言

春休みや夏休みを利用して、是非チャレンジして欲しいです!


 情報処理教育センターでは、Microsoft Office Specialist(MOS)資格の随時試験を実施しています。学内でいつでも受験でき、割引価格も適用される上に、2019年1月末までに受験した学生さんには受験料の半額補助もあるので、大変お得です! 情報処理教育センターでは、試験対策のサポートもしています。興味のある方は、講義棟5Fの情報処理教育センターまで!

TOP