お知らせ

フルテック株式会社内定報告(内定への道2021 その2)

2021/08/21内定への道

2021年3月経済経営学部卒業生の新しい内定報告を連載で掲載しています。経済経営学部は変化の激しい現代社会に対応できる人材、地域社会で活躍できる職業人の育成をめざしています。そのため、多様な学習をサポートし、徹底したICT教育、体験重視、現場に触れるキャリア教育、コミュニケーション力を向上させる少人数教育などを推進して就職力アップを図っています。その結果、多くの卒業生が民間企業や公共機関で活躍し、地域社会の発展に貢献しています。経済経営学部の「就職力」を実感していただけると思います。

今回はフルテック株式会社の内定取得の体験記です。

内定取得体験記(フルテック株式会社)

川窪 将生(2021年経済経営学部卒業 西武台高校出身)

私は自動ドア・ステンレスサッシ・駐輪場・リース・メンテナンスを行なっているフルテック株式会社(東証一部上場)より内定をいただきました。

私がこの会社に決めた理由は、対応して頂いた方々を通して、会社との『縁』を感じたからです。合同企業説明会では唯一興味を持った企業でした。
インターンシップに行くと、1人だった私を歓迎してくれるかのようなマンツーマン指導をしていただいたりと、とても『縁』を感じる会社だったからです。

就職活動と言えば面接がメインになると思います。面接へのアドバイスと言っても面接への準備、臨み方は人それぞれで、人によっては前日から準備をして、文章を覚える人もいると思います。しかし、私は前日から文章を覚えていくと、うまく話すことが出来ないタイプなので全く面接準備はしませんでした。その代わり、私は面接官との会話を楽しむことを心掛けていました。会話を楽しむ事で、緊張も解れて、テンポの良いやり取りができるからです。こうして自分に合ったスタイルで臨むことができたので、面接は高評価を頂くことが出来ました。

そしてこれは余談ですが、私は企業との面接がある日は、必ずゲン担ぎをしていました。
・最寄り駅でお茶とカフェオレを買う。
・すき家でランチセットを食べる。
・お風呂洗いをしてから向かう。
この3つのゲン担ぎをして臨んだ面接は全て受かりました。
ちなみにお昼を別の牛丼屋にした日は落ちてしまいました。
皆さんも自分だけのルーティンを見つけてみてください。

今年もコロナで就職活動が大変な時期であると思いますが、駿河台大学の就職活動を迎える皆様が、良い結果となることを願っております。

川窪 将生さん


連載記事『内定への道』

経済経営学部を知る
  • 観光&国際ビジネスコース開設。
  • 経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画配信中
  • 経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。
  • 経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebookTwitterInstagramでも常時お届けしています。
  • 「動画で知る経済経営学部」ではオープンキャンパスで展示している学部紹介パネルをウェブ上でご覧いただけます。
  • 9月のオープンキャンパスは25日(土)に開催予定です。経済経営学部の模擬授業は、「SNSはなぜタダで使えるのか~人気サービスの仕組みと背景を探る~」を予定しています(今後の感染拡大状況により、内容を変更する場合がありますので、最新情報は本学ホームページをご確認ください)。


TOP