お知らせ

4月からミュンヘン大学留学中の経済経営学部学生からレポートが届きました

2017/05/17その他

 駿河台大学は留学制度が充実しており、経済経営学部からも毎年多くの学生が海外へ留学しています。今回はそんな中の一人、この4月からミュンヘン大学に1年間の予定で留学中の3年生富樫薫さんから届いたレポートを紹介します。

四月に体験したこと

富樫 薫(経済経営学部3年 北海道札幌平岡高校出身)

 留学へ来て一カ月が経ちました。最初の二週間ほどで大方の手続きが終わり、その後はミュンヘン市内の観光や語学の学習を中心に行っていました。今回は私が観光で行った場所(体験したこと)のうち、二つ程紹介したいと思います。

 まず一つ目はマリエンプラッツです。ミュンヘンの中心にある広場で、そこにある新市庁舎(ラートハウス)はとても大きく、常にたくさんの観光客がいます。そして新市庁舎の近くにはSt.Peterという教会があります。この教会では教会にある塔に上ることが出来ます。約300段の階段を上ると塔の上に出ることができ、そこからはミュンヘンの綺麗な景色を一望することが出来ます。私が行ったときは少し曇っていたのですがとてもいい眺めでした。それはいいのですが、ここの階段はとても狭いので逆方向から来る人とすれ違うのが大変でした。また、マリエンプラッツにはKaufinger strasse(カウフィンガー通り)という大きなショッピングモールがあります。私ははじめ、マリエンプラッツに行ったときは観光を目的にして行きましたが、今ではこのショッピングモールへ買い物をするためや、ちょっとした散歩をしによく行きます。また、ドイツでは日曜日や祝日は基本的にお店は空いていません。一度、日曜日にマリエンプラッツへ行ってみたのですが、人がいるものの、平日と比べるとかなり少なく普段よりものんびりした雰囲気を味わうことができました。

 二つ目は四月末に行われるビールのお祭り、Fluehlings fest(フリューリングスフェスト)です。会場はTheresienwieseというところにあります。フリューリングスフェストでは大きなビールテントが張られる他、移動遊園地も設置されているため子供も大人も楽しめるようになっています。ビールはマスビール(1Lビール)一杯あたり9.5€と少し高く、その値段+チップなので10€(約1,200円)ほどします。フリューリングスフェストは、十月に行われる有名なビールのお祭り、オクトーバーフェストに比べ小規模と聞いていましたが、それでもかなり多くの人がいました。テント内前方にはステージがあり、演奏が行われています。演奏の中に演者が「Prost!(乾杯!)」という時があり、それに合わせてみんなで乾杯します。とても賑やかで楽しかったので、次のビールのお祭りオクトーバーフェストにも早くいってみたいと思い待ち遠しいです。

 今はまだミュンヘン市内から出てはいないのですが、五月からはミュンヘンから出て旅行や観光をし、より多くのものを見たり感じたりしたいと思います。

20170517keizaikeiei_1.jpg
20170517keizaikeiei_2.jpg

フリューリングスフェストを楽しむ(左から2番目が富樫さん)


駿河台大学の留学を知る

経済経営学部を知る
  • 経済経営学部の授業のエッセンスや卒業生の活躍を動画配信中
  • 経済経営学部の教育内容や入試について、メールによる個別相談に応じています。
  • 経済経営学部に関する最新情報は本サイトのほかFacebookTwitterInstagramでも常時お届けしています。
  • 次回のオープンキャンパスは、5月27日(土)です。経済経営学部の模擬授業は「若者の「車離れ」の嘘ホント~20代の消費者マーケティング~」です。どうぞお楽しみに。担当教員プロフィールが掲載されています。


TOP