お知らせ

飯能まつりに参加しました

2019/11/08

現代文化学部教授 平井純子

 「まちを元気に、まちで元気にプロジェクト」(略称:「まちプロ」)は学生が大学の教室を飛び出して、「まち」を教室に、「まちの人々」を教師にして、「社会」や「社会で生きていく術(すべ)」を学ぶことを目的の一つにしています。今回は、埼玉県内でも5本の指にはいるお祭りである、地元の飯能まつりに参加してきました。3年次生10名が町内会の皆さんとおそろいの着物を着用し、朝から夜まで一緒に山車を引き、万灯をもって先導し、皆さんと交流を深めさせていただきました。

参加学生のコメント

 こういう祭りに参加したのは初めてでした。迫力があり、地域の人たちの思いがあり、疲れましたが、とても勉強になりました。(現代文化学部3年 滝脇一輝)

 子どもたちがとてもかわいかったです。はきなれない足袋や草履はきつかったですが、よい経験になりました。(現代文化学部3年 加藤ひなた)


 二丁目の皆様、どうもありがとうございました。

20191108chiiki_01.png




TOP