まちを元気に、まちで元気にプロジェクト(まちプロ)

「まちを元気に、まちで元気にプロジェクト」(略称:「まちプロ」)は学生が大学の教室を飛び出して、「まち」を教室に、「まちの人々」を教師にして、「社会」や「社会で生きていく術(すべ)」を学ぶこと、学生の若いアイデアが「まち」に新たな力を吹き込み「まちを元気にする」ことを目的にしています。

2004年に始まった、平成16年度文部科学省「現代的教育ニーズ支援プログラム」(現代GP)に採択された、地域貢献を通じた教育活動「学生参加による<入間>活性化プロジェクト」(通称「いるプロ」)を基に、今では飯能市や入間市、日高市などで活動しています。

このプロジェクトを構成しているのが、「インターンシップII(プロジェクト型)」と「まちづくり実践」という授業科目です。活動に参加して体験学習をすることを通じて、社会性と現実的な職業観を身につけて、同時に、この活動が地域の活性化に貢献することも目指しています。

インターンシップII(プロジェクト型)(2単位)

この科目では、地域の既存の活動に関与するのではなく、地域に貢献するプロジェクトを自主運営したり、情報を発信したり、学生の感性を十二分に発揮して地域にさまざまな提案をしたりする「仕事」を行います。
主な活動は次の通りです。

「仕事」に取組み、「仕事」を成し遂げていくという体験を通して、「仕事」を学び、社会で要求される実践的な力、特に計画力や問題解決能力などを磨き、就業力を高めます。また、確固とした社会観・職業観を育成することも目標としています。

まちづくり実践(2単位)

この科目では、地元飯能市や入間市のさまざまな活動や地域のイベントなど、「まちづくり」の活動に実際に参加します。
主な活動は次の通りです。

地元地域で活躍する人々と触れ合い、協力して何かをすることを通じて、社会的な力、行動に移す力や協働する力を全般的に伸ばし、実践的な計画力、問題解決能力などを身につけるとともに、社会観・職業観を確固としたものにすることを目標とします。

「インターンシップII(プロジェクト型)」と「まちづくり実践」は、年度のはじめにガイダンスを行い、参加する学生を募集します。各プロジェクトの参加者が登録された後、掲示またはメールを通じて活動案内を行います。



TOP