NHK杯(カヌースラローム)で、矢澤亜季さん(現代文化学部3年)が2連覇!

12.04.27

 4月15日(日)、富山県井田川カヌー競技場にて、第35回NHK杯全日本選抜カヌースラローム競技大会が開催されました。

 今回のNHK杯は2012年度日本代表最終選考会になっており、予選から熾烈な戦いが予想されました。冬場の豪雪の影響で昨年よりも水量が多く、コースもスピードに乗ったテクニックを要求されるセットで、流れが安定しない中でのレースとなりました。前日土曜日の予選では多少苦戦したものの、矢澤亜季さん(現代文化学部3年)は2位通過で準決勝に向けてまずまずの滑り出しでした。
 寺垣光さん(現代文化学部3年)も準決勝へ駒を進める事は出来ましたが、11位という厳しい滑り出しになってしまいました。また、佐伯雄太郎さん(メディア情報学部1年)は7位という好成績で準決勝へ進めました。

 準決勝は予選のコースより、テクニックを要求されるセットになり、ライン取りの重要性が求められました。佐伯雄太郎さんは予選での手応えを感じ、意気込みすぎたのかスタート直後に不通過という大きなミスをしてしまい、準決勝敗退となってしまいました。矢澤亜季さんは2位、寺垣光さんは4位で多少のミスはあったものの、2人とも決勝進出を決め、決勝へ向けてビデオを確認しながらライン取り等の修正をし、イメージを作り上げていきました。

 決勝では矢澤亜季さんが安定したテクニックで中盤のテクニカルエリアを攻め切れた事で強豪選手を押えて2連覇を遂げる事ができました。寺垣さんは前半でのタイムロスがゴールまで影響してしまいました。

 矢澤亜季さんは日本代表、寺垣光さんもU23に決定し、佐伯雄太郎さんもジュニア日本代表に決定しました。3名は7月にアメリカウィスコンシン州で開催される世界U23とジュニア世界選手権へ出場する事が決定しております。

20120427nhk_01.JPG

U23に決定した寺垣光さん


20120427nhk_02.JPG

2連覇を達成した矢澤亜季さん