ニュース&トピックス

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する注意喚起について/ 中国本土から帰国した学生・教職員の対応について

2020/02/15お知らせ

中国本土から帰国した学生・教職員の保健管理

 中国本土(香港、マカオを含む。以下同じ。)から帰国した全ての学生・教職員は、帰国時に電話にて本学へ連絡してください。また、日本に入国してから2週間は、大学に来たり外出をせずになるべく自宅で待機し、健康観察してください。
 本学連絡先:駿河台大学 学生支援部 健康相談室:TEL042-972-1783 または グローバル教育課: TEL042-972-1218

A)湖北省若しくは浙江省から帰国または湖北省若しくは浙江省在住の方と接触があった学生・教職員

① 帰国日から2週間以内に発熱(37.5 度以上)かつ呼吸器症状(以下単に「症状」という。)がある学生・教職員は、人との接触を避け、マスクを着用し、すみやかに本人又は保護者から最寄りの「帰国者・接触者相談センター」(※1)(以下「センター」という。)へ電話相談していただくとともに、電話にて本学へ連絡してください。(※1)センターが設置されるまでの間は、最寄りの保健所へ電話相談してください。

○埼玉県にお住まいの方の帰国者・接触者相談窓口の情報
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0701/shingatacoronavirus2.html
○東京都にお住まいの方の帰国者・接触者相談窓口の情報
https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/coronasodan.html
○厚生労働省 新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センターの情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

② 現在、症状がない学生・教職員でも、帰国時に電話にて本学へ連絡してください。また、日本に入国してから2週間は、大学に来たり外出をせずになるべく自宅で待機し、健康観察してください。症状が出現した場合には、上記1と同様に対応してください。

B)湖北省及び浙江省を除く中国本土から帰国し、湖北省及び浙江省在住の方と接触がない学生・教職員

①帰国日から2週間以内に症状がある学生・教職員は、他の人との接触を避け、マスクを着用するなどし、すみやかに近くの医療機関を受診していただくとともに、電話にて本学へ連絡してください。

②現在、症状がない学生・教職員でも、帰国時に電話にて本学へ連絡してください。また、日本に入国してから2週間は、大学に来たり外出をせずになるべく自宅で待機し、健康観察してください。症状が出現した場合には、上記1と同様に対応してください。


関連リンク


TOP