ニュース&トピックス

2018年度 障害のある学生を支援するための講座を開催しました(通算5回目)

2019/03/27学生生活

 3月15日(金)に本学の第二講義棟1階ボランティア支援室(学生ラウンジ)において「障害のある学生を支援するための講座」を開催しました。

 この講座では、障害のある学生等が他の学生と同じように学生生活の活動に参加することができるように、ボランティア活動の育成を目的としております。

 開催当日は、学生・教職員を対象に15名もの方々にご参加いただき、講師として、埼玉県全国手話通訳問題研究会会員の丸山幸美氏をお招きし「筆記の初歩(ノートテイクボランティアの基礎)」を学びました。

 参加者からの感想として、「筆談において要約して話の本質を伝えなくてはならない難しさを感じた」「相手が何を知りたいか?自分が何を伝えたいか?意思疎通ができる言葉を選んでコニュニケーションができればいいと思った」「次回は、手話の基礎やパソコンノートテイクも学びたい」といった声がありました。

 今後もインクルーシブな教育システム(inclusive education system=包容する教育制度)を実現するため、様々な「障害のある学生を支援するための講座」を計画してまいります。

20190316kenkou_01.jpg



TOP