ニュース&トピックス

グローバル化及びアクティブ・ラーニングに対応したPCをメディアセンターとPC教室に導入

2018/09/21メディアセンター

 駿河台大学では、9月20日(木)の秋学期授業開始に合わせて、メディアセンター1・2F PCエリア及びPC教室(7教室)に最新型ノート型PC約430台を導入しました。リニューアルしたPC環境では、急速に進むグローバル化に対応できるように、日本語のほか、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ベトナム語の計9言語のWindows10環境を提供しています。

 また、従来PC教室でのみ利用可能だった会計ソフトウェア「弥生会計」や統計解析ソフトウェア「SPSS Statistics」は、ライセンス管理システムと連携して、利用許諾ライセンス数の範囲内であればメディアセンターPCエリアで利用できるようになるなど学修環境が更に向上しました。さらに、メディアセンターPCエリアにはmacOS端末、カラー印刷機能、可動式机を導入、一部PC教室ではICT教育環境の充実を図るためにプロジェクタ3台を設置するなど、学生の能動的学修及び教員の教育環境改善にも取り組んでいます。

 駿河台大学では1987年の開学当初よりパソコン教室を整備しており、最新版のWindows OSやOffice製品を導入するなど、情報化社会の進化に迅速に対応すべくICT教育環境の改善に努めています。

20180921メディアセンター及び PC 教室環境を更新.png

TOP