ニュース&トピックス

2016年度 博物館実習実施報告

2016/09/23教育・研究

【実習館】埼玉県立川の博物館・入間市博物館ALIT・飯能市郷土館・江戸川区郷土資料室
【実習者】5名

 学芸員課程では、博物館実習を希望する学生は、実習に行く前年度に実習登録をしてから実習登録ガイダンスに参加します。そこで、自分の希望する実習館への内諾の取り方、実習館決定までの流れを学びます。

 実習の履修要件を満たした学生は、次年度の6月頃、博物館実習の授業中に行われる実習直前ガイダンスで、実習における注意事項や心構えについて学び、実習に備えます。

 今年度博物館実習に行った学生のレポートには、「学芸員の活動が地域の人たちの協力で成り立ち、子供達の教育の一翼を担っていることに気づかされた。」(科目等履修生)、「実習を終えて1番強く思うことは、学芸員には想像以上に様々な能力が必要だということだ。想像力、表現力、観察力、体力、その他たくさんの能力が挙げられる。学芸員の仕事は実に幅広い。私が経験したものはその中のごく一部だが、今回はそれらを身をもって学ぶことができた。」(メディア情報学部4年生)、「イベントを運営する中で、今まで子どもと接する機会が少なかった私は、どういった教え方なら分かりやすく伝わるかが分からず苦労していたが、市民学芸員の方々が子供への説明の仕方、扱い方等についても教えてくださり、とても良い勉強になった。」(メディア情報学部4年生)といった内容が記載されていました。

流水実験の様子

流水実験の様子

拓本実習の様子

拓本実習の様子

 本学では、学芸員の資格取得に必要な要件単位を全て学内で修得することが可能です。しかし、国家資格ということもあり、忍耐力や最後までやり遂げるという強い意志が必要になりますが、講義を受講して専門的知識を付けることが出来ると同時に、実際に作業をしたり、学外へ博物館実習に行ったりと「実学」を学ぶことが可能なため、学内だけでは不可能な深い学びを実現できます。

 メディア情報学部のカリキュラムに属する科目が多いですが、どの学部に所属していても履修することが出来るので、やる気のある方はぜひ挑戦してください!

 博物館実習に行った学生のレポートが記載されている『駿河台大学資格課程 年報』は、学生支援課横のカウンターに置いてあります。写真等も掲載されており、実際の実習の様子がよく分かると思いますので、興味のある方は一度手にとって読んでみてください。



TOP