ニュース&トピックス

駿河台大学教養文化研究所主催公開講演会が開催されました

2015/06/10教育・研究

 6月9日(火)13:30~15:00、駿河台大学名誉教授のポール・マッカーシー氏をお招きし、第2講義棟4階7405教室にて、教養文化研究所主催公開講演会「日本文学との出逢い」を開催しました。

 講演者のポール・マッカーシー氏は、米ミネソタ大学卒業後イェール大学およびハーバード大学に学び、1969年に修士号、1975年に博士号を取得されました。その後、フルブライト奨学生として日本及び韓国に留学し、カンサス大学、ミネソタ大学、立教大学教授をへて、駿河台大学法学部及び現代文化学部教授として2011年度まで勤務されました。

 長年本学において英語教育および比較文学・比較文化の研究・教育に携わってこられた氏は、谷崎潤一郎、中島敦の研究者として、また、日本近現代文学の翻訳紹介者としても国内外で著名な存在です。

 今回の講演では、氏の日本文学との邂逅をメインテーマとして、谷崎松子夫人や三島由紀夫との交流など文学史の貴重な証言をお話しいただきました。

 教養文化研究所主催講演会は今回で通算39回目を迎え、会場には約150名の大勢の地域の方々や学生にお越しいただき、大変盛会に行われました。
 次回の講演会は本年度秋を予定しています。

   20150610_01.JPG 20150610_02.JPG



TOP