ニュース&トピックス

「租税教室」の特別講義を実施しました

2014/11/14教育・研究

 国税庁は、次代を担う若者が租税の意義や役割を正しく理解し、社会の構成員として税金を納め、その使い道に関心を持ち、更には納税者として社会や国の在り方を主体的に考える自覚を育てることを目的に、租税教育の充実に向けた支援を行っています。

 本学は、その趣旨に賛同し、国税庁が定めた「税を考える週間」の11月12日(水)、経済経営学部の「財政学Ⅱ」及び「日本経済史Ⅱ」の合同授業の時間に、梶田美佐子 所沢税務署副署長を講師にお迎えし、地域の方々などにもご参加いただける公開授業として、「租税教室」の特別講義を実施しました。


20141112_kokuzei.jpg



TOP