2020年12月23日

解放感でいっぱいです。

今週の担当は、3回目の登場、椎谷です!

3回目の登場となるとそろそろ慣れてきますね~
12月18日の「あさイチ」はご覧になりましたか?
直木賞受賞作家の山本文緒さんが出演していらっしゃいましたね。
山本文緒さんは、2001年、第124回直木賞を"プラナリア"で受賞した
作家さんです。出演中「出会えてよかったものは?」とメールで
聞かれた際、「小説に出会えてよかったです」と答えていらっしゃったのが
印象に残っています。私も、画面越しですが山本さんと会うことができたので、
改めて山本さんの作品を手に取ってみるのもいいなあと思います。
山本さんの作品は、図書館に多数あるようなので、皆さんもぜひお手に
とってはいかがでしょう?
ちなみに、プラナリアは直木賞コーナーにございます!
20201223a.jpg
20201223b.jpg
話はタイトルに戻りますが、私が何から解放されたかといいますと、
「卒論」です。早い学部では、もう提出が終わったのでしょうか?
私の学部は、提出が終了し、無事に受理されました。
...私事を失礼いたしました。。。うれしさと解放感でいっぱいですね。
ご精読ありがとうございます

2020年12月17日

冬到来!

今週担当の佐藤です!

すっかり冬の空気!
外を歩いていると耳が痛くなったり、手がかじかんでくるようになりました
メディアセンター内は暖房が効いており、書架整理で動いているとじんわり汗が
滲みますが、勉強するには丁度いい室温ですよ!対面授業がなくなり終日人が
少ないですが、午後からはある程度人が出てくるので、
静かな環境で勉強をしたい方は午前中がおすすめです

最近配架をしていると、類似した内容の本がまとめて借りられているのを
よく見かけます。課題に使ったのかなーとか、この時期なので卒論かなーとか
勝手に想像したりしています(笑)
卒論に関しては私も他人事ではなく、本や資料の収集に奔走しました
事例に使おうかなとドキュメンタリー本をいくつか借りて読んでいたら、
止まらなくなり最後まで読んでしまったことも...
(しかも、感動して泣きそうになった)
結局、購入してしまいました

すっかり私事になってしまいましたが、来年卒論を書く方は早めに準備を
始めることをお勧めします!
そのときは是非メディアセンターを活用してくださいね!

今回はここまでとさせて頂きます
閲覧ありがとうございました!

2020年12月11日

コロナとブーム

どうも
今週のブログを担当する茅原です。
私がブログを担当するのは今回で2回目になります。

学内のニュースでいうと、コロナウイルスの感染者が出てしまいましたね。
その影響もあってか年内の授業がすべてオンライン授業に変更&入校制限
ということで、メディアセンター内のひと気も減ってしまったかな
という感じです。
そんな中でも業務の内容は変わらず、書庫整理と配架が主な業務になっています。
来年はコロナが収まって、いつも通りの学生生活に戻っているといいな、
なんてふとした時に考えてしまいます。

暗い話ばかりしていても何なので少し明るめの話題をしようと思います!

先日、書店にふと立ち寄る機会があったのですが、
そこにバーンッと大きく『鬼滅の刃』コーナーが設置されていて
改めて鬼滅の刃ブームのすさまじさを体感しました。
漫画は私も読んでいましたが、まさかここまで大々的なヒットになるとは
思っていませんでした。
(劇場版アニメも『千と千尋の神隠し』を抜きそうな勢いですし)
もちろん内容が面白いというのもありますが、ここまで国民的な人気が出たのは、
外にあまり出れない分マンガやアニメを楽しむ人が増えたのも
大きいのかもしれませんね。

今回は短めになりますが、ここらへんで失礼いたします。
それでは。

2020年11月27日

エプロンが目印です

こんにちは。今週担当の塚野です。

最近寒くて外に出るのが億劫ですがバイトの時はなんとか外に出ています。
(ただ、それ以外の日はダラダラすることが多いのですが...。)

今の業務は主に書架整理ですが、
最近は学生さんの利用者も増えつつあるためか学生さんの相談やお問い合わせの
業務も少し増えました。

今年は利用者が少ないから学生相談は少なめではないかと考えていましたが、
去年よりも相談件数が増えているように感じます。
増えた理由としては今年から取り入れた制服の効果が大きいのかなと感じます。
制服といっても皆さんの想像するようなきっちりとしたものではなく私服の上に
エプロンタイプの制服を着るだけなのですが、これがいろんな意味で目立ちます。
こちらとしては少し恥ずかしい気もしますが、利用者さんからすれば
スタッフであるということが分かりやすくてとてもいいのではないかと感じます。

メディアセンターで働いているため、本に関する相談が多いですが
ほかにも困ったことがあればできる範囲で対応しますので
気軽に声をかけてくださいね。

2020年11月20日

皆さんも虚無ってみませんか?

こんにちは~

本日の担当の椎谷(しいや)です!
みなさんは、芥川賞の本を読んだりしますか?
(私は、初めて読んだ~。)

本日は、"第163回芥川賞受賞 破局"についてご紹介させていただきます!
作者の遠野遥さんという方は、平成生まれで初めて芥川賞を受賞された
すごい方です!
(顔写真を拝見させていただきましたところ窪田正孝さんににているなぁ~と
思いました)

私も僭越ながら読ませていただきました。
読みはじめて最初に思ったのが「思ったより読みやすい!」でした!
正直、芥川賞を受賞された本なので、文学的な難しい本なんだろうなぁっと
構えていました。ですが私は、文章が親しみやすい感じで書かれているのもあって
気づくと本の世界観の中にいるという感じでした。本編は、ラグビー、筋トレ、
恋とセックスという日常を繰り返す歪なキャンパスライフでした。
少しずつ少しずつ淡々と歪になっていく日常に、恐ろしいろしいことに人間は
自覚を持つことができないこと。
というのを突き付けられる作品だと私は思います。

読む人によって感じ方は違うと思うのでぜひ体感を!

"破局 遠野遥"は、図書館の3階奥受賞作品コーナーにて!
c0407233_16055294.jpgc0407233_16060804.jpg

2020年11月12日

寒くなってきましたね!

今回は佐藤が担当します!

風も冷たくなり、気温も下がってきましたね。
朝も中々布団から出られなくなっている方もいるのではないでしょうか。

さて、業務の話になりますが最近は配架をしつつ、
本の並びを綺麗に揃える作業をしています
並びが乱れているのを見るとついつい直したくなってしまって...
夢中になってしまうこともしばしば
ですが、綺麗に揃えることは結構大事だなと作業をしていると感じることが
多々あります。奥に引っ込んでいると取りづらかったり、探しづらくなりますし、
逆に出過ぎていても気になりますし、隣の本が見えなくなってしまうんです。
来てくれた方が心地良く利用できるような環境作りも私たちの仕事なんだなと
思いました

今回はここまで!
閲覧ありがとうございました!

2020年11月 4日

授業が再開し1ヵ月

今週のブログを担当する茅原です。

秋学期の授業が始まってから、早くも1ヵ月が立とうとしていますね。
秋学期はオンライン授業と課題に加えて、対面授業もぼちぼち始まったこともあり
皆さんも忙しい1ヵ月だったのではないでしょうか?

季節の変わり目のこの時期は体調やメンタルがどうしても崩れやすくなってしまう
ので、(私も10月半ばに体調を崩してしまいました。)授業や課題にまじめに
取り組むことも大切ですが、無理をしすぎず合間合間で心身のリフレッシュを
することも心掛けていきましょう!

そこで、今回私がおすすめするリフレッシュの方法が「落ち着いて読書をする」
というものです。読むものは自分が読んで面白いと思うものなら何でもいいと
思います。雑誌でも漫画でも、もちろん小説やビジネス書でも。
ただ、通勤や通学の合間に読むのではなく、
できればリラックスできる場所・状態で落ち着いて読書をする方が
心を落ち着かせたり、気持ちをリフレッシュするにはいいと思います。
私は最近長い小説を読み切る気分にならなくて
漫画ばかり読んでしまっているのですが、それでも物語の中に意識を集中すると
現実から離れられるので、いいリフレッシュになっているんじゃないかなと
感じています!

もしこの記事を読んで、本を読もうかなと思ってくれた人がいたら、
ぜひメディアセンター3・4階に寄ってみてください。
幅広いジャンルの本が置いてあるのはもちろん雑誌や新聞、漫画なんかも
あります。また、騒音や雑音の少ない静かな空間なので落ち着いて本を
読むことができますよ。

長くなってしまったのでこの辺で失礼します。
それでは。

2020年10月27日

書架整理をしていての気づき

初めまして今週のブログ担当SLSSの塚野です。

今年の春学期はコロナの影響で講義はすべてオンラインになり、入校制限が

かかり、学校に来る機会すらなかったわけですが塚野1.png秋学期からは多少緩和され

SLSSの仕事は再開することが出来ました。

全部が全部元通りというわけにはいきませんが、バイトのおかげでだらけていた

生活習慣が多少マシになりそうです。塚野2.png塚野3.png



SLSSがどんなことをするかは佐藤さんが書いてくれた通りカウンター対応、

配架・書架整理、学生相談が主な仕事ですが今年は利用者が少ないこともあり

今現在はほとんど配架・書架整理とこのブログの更新となっています。

その書架整理の話なのですが種類や系統が似ている本が棚に多く並ぶ時期が

あります。特に学期末です。

なぜかというとテスト勉強やレポート課題をしなければならないです。

1年生の頃は正直整理する本が増えて大変だなあと思っていたのですが

自分の学年があがり課題が難しくなっていくにつれて今みんなこの授業の

あの課題に苦戦していているのだろうという気付きを得ることが出来ました。

この前は法律系の本がまとまっているから法学部が忙しくて今度は教育系の本が

増えているから心理学部が忙しいのかな?それとも資格の勉強かな?

とか考えながら楽しく書架整理をしています。



皆さんも課題で何か困ったらメディアセンターに来てみてはいかがでしょうか。

課題の期限にはお気をつけて塚野4.png‼️

2020年10月20日

こんなところにもありますよ。

こんにちは。今回ブログ担当させていただきます譜久村です。

さて突然ですが「鬼滅の刃」が今世間で盛り上がっていますね。
その鬼滅の刃の原作が漫画だというのもご存じでしょう。
メディアセンターではその「漫画」や「アニメ」に関する書籍も
取り扱っているのです。
え、「アニメなら2階のAVライブラリーで見れる。」?
「置いてある漫画って学習漫画とかそういうものでしょう。」?
そんなことはございません。あるんですよ、
メディアセンターにも「普通の漫画」が。
今回は私が見つけた漫画・アニメに関する書籍の場所をご紹介いたします。
まずはここ、3階の学生推薦図書には...
海外でも人気な「僕のヒーローアカデミア」の小説版が推薦されていました!
次は文庫本、このような少々堅苦しそうな本が置いてある中に...
「ONE PIECE」「ジョジョの奇妙な冒険」「るろうに剣心」といった有名どころの漫画に関する書籍や
え!あのギャグ漫画まで⁉
次に4階に移動してみましょう。こちらは主に小説や一つ一つの情報についての本が多くの置いてある印象ですが...
アニメについての書籍も、もちろんありました。ディズニーやジブリ、それにオ...オタク?
そして...この場所にはなんと
こんなにも漫画が置いてありました!
まだまだ漫画・アニメに関する書籍があるかもしれません。
もしかしたらメディアセンターに頼めば自分が好きな漫画も置いてくれるかも...?

2020年10月15日

本日の担当は・・・!

本日の担当はSLSSの椎谷です!

はじめましてですね!
これからたびたび更新します!よろしくお願いします!

木原音瀬さんの小説を読みました!
重厚感のある仄暗いストーリー、彼らの悲痛で焦がれる心理描写が
とても印象的でした。
尊敬と恋心のすれ違いがとても切なかったです。
新たな人間性を学んだような気がします。
とても、良い作品でした。

皆さまが図書館で良い本と出合えるといいなと思います。

そして、最近は少し気温の高い日があったりと気候が不安定ですね。
皆さま、お体に気をつけてお過ごしください!
またお会いしましょう!