お知らせ

2月前半の新着図書展示中!

2016.02.08

本日、2月前半の新着図書を展示しました。
回の注目は、埼玉県の郷土資料です。

中世武士団の典型とされる武蔵武士。東北や西国などへ移住し、各地に足跡を
残した様々な史跡資料。
西国巡礼や四国遍路には見られない、「秩父巡礼」の特異性。
かつて三千人を超える人が暮らし、山奥とは思えない文化的な生活を送っていた、
秩父鉱山街など、埼玉県を知る資料を数多く紹介しています。

その他にも、哲学、歴史、社会科学、文学なども多数ありますので、ぜひご来館ください。

今回おススメしているのはこちらです。
・いつも余裕で結果を出す人の複線思考術(著者:齋藤 孝)
・敬語だけじゃない敬語表現(著者:蒲谷宏)
・西武鉄道のひみつ(編集 PHP研究所)
・関東の名城を歩く-北関東編:茨城・栃木・群馬(著者 峰岸 純夫)
・ロゴスの市(著者 乙川 優三郎)
・根っからの文系のためのシンプル数学発想術(著者 永野 裕之)
・つながりすぎた世界(著者 ウィリアム・H・ダビドウ)
・イケアとスウェーデン-福祉国家イメージの文化史(著者 サーラ クリストッフェション)
2月前半の新着図書展示中.JPG

2月前半の新着図書展示中1.JPG

2月前半の新着図書展示中2.JPG

2月前半の新着図書展示中3.JPG