お知らせ

2020.12.08

2021年度新入外国人留学生の在留資格「留学」の更新について

 在留期間の更新は在留カードに記載されている満了日の3か月前から申請することができます。満了日の1か月前までに必ず出入国在留管理庁で在留期間更新申請を行ってください。2021年4月に本学に入学、編入学予定の方で、「留学」の在留資格が2021年1月から本学入学前までの間に満了日を迎える場合は、以下の様に、各自で在留資格の更新手続きを行ってください。ただし、入学直前在籍校(日本語学校や専門学校等)の出席不良・資格外活動の状況などによっては更新が認められない場合があります。


1.申請の流れ

STEP1:駿河台大学グローバル教育課窓口で「所属機関等作成用」(3.参照)書類の作成依頼をする。

STEP2:現在通学している学校、または出身校に必要な証明書の作成依頼をする。

STEP3:在留期間更新許可申請書に記入、写真を貼る。

STEP4:資格外活動申請書(アルバイト許可用)に記入する。

STEP5:必要なものを持参し、出入国在留管理庁(入管)で更新続きを行う。

STEP6:出入国在留管理庁から審査結果のハガキが届き、審査結果を受け取りに行く。許可されるときは4,000円が必要です。(収入印紙で納付、2020年12月現在)

STEP7:在留期間の更新手続きが完了したら,14日以内に必ずグローバル教育課へ「在留カード(表裏)」「資格外活動許可印シール」のコピーを提出する。


2.出入国在留管理庁への提出書類

① 在留期間更新許可申請書

・申請人等作成用(申請者が作成)...3枚

・所属機関等作成用※(駿河台大学が作成)...2枚

② 写真(縦4cm×横3cm)...1葉

③ 自国政府発行の「パスポート」

④ 日本国政府発行の「在留カード」 ※有効期限内に限る

⑤ 本学発行の「入学許可書」...1通

⑥ 本学入学直前在籍校(日本語学校や専門学校等)発行の「出席・学業成績証明書」...1通

⑦ 申請人の経費支弁を証する文書(通帳、残高証明書など)


3.「所属機関等作成用」書類の作成依頼

 駿河台大学に「所属機関等作成用」書類の作成依頼をする場合は、電話(042-972-1218)で来校予約をし、以下①~④の書類を駿河台大学グローバル教育課窓口まで持参(窓口休止日を除く2021年1月4日以降)してください。郵送・Eメール・電話では依頼できません。

① 自国政府発行の「パスポート」

② 日本国政府発行の「在留カード」 ※有効期限内に限る

③ 本学発行の「入学許可書」

④ 現在通学している学校の「学生証」

「所属機関等作成用」書類の作成、発行には30分程度かかります。

注意1)在留資格「留学」の更新申請手続きを2021年1月5日までに行いたい場合は、現在籍校に「所属機関等作成用」書類の作成を依頼してください。

注意2)本学は、定めに従い「在留資格の期間更新後、在留カードのコピーを提出しない」、「大学からの掲示・Email 等の連絡に返答がない」などの時には、出入国在留管理庁・文部科学省に届け出ています。


【お問い合わせ先】               

駿河台大学グローバル教育課

TEL:042-972-1218

MAIL:kokusai@surugadai.ac.jp

スクールバス:https://www.surugadai.ac.jp/gakusei/bus.html

お知らせ一覧へ戻る