お知らせ

2016.08.04

[外から見た日本:その4] エリシン・シャーヒンさん~移動販売のケバブ屋さん~

 海外生活経験などのある教職員や学生、外国人留学生に、海外から日本を見るとどのように見えるのか、インタビューをして記事にしています。

 第4弾は、学内にも出店している、移動販売車でケバブを売る店主さんにインタビューをしました。


聞き手(以下、聞):今回は、学内で人気の高いケバブ屋さんに聞きます。お名前を教えてください。

エリシン・シャーヒンさん(以下、エ):エリシンです。エリシン・シャーヒンといいます。

:ご出身はトルコですか?

:そう、トルコ。イズミルというきれいな町です。本国では工学部で勉強して、エレベーターやエスカレーターなど、機械の専門家だった。

:日本に来たのはいつですか?

:2年前です。家族が先に、そうですね、10年くらい前に日本に来ていたから、一緒に住むために来ました。今は埼玉県の熊谷のほうに住んでいます。

:日本語は学校で習ったの?

:日本語はこうやってお客さんと話しながら覚えました。

:日本で行ってよかったところはありますか?

:東京タワーや福島も行ったけど、一番よかったのはディズニーランドかな。(笑)

:日本の気候はどうでしょう?

:トルコでも雪の降るところはあるし、そんなに差はないと思う。でも、今年のトルコは42度を超したところがあって、とても暑いらしい。ホームレスの人がたくさん亡くなっていると聞いた。

:日本での食事はどうですか?

:家ではよくトルコ料理を作ります。イスラム教徒だから豚肉は食べない。ちょっとでも豚肉が含まれているという表示があったら、その食品は食べないし、使わないです。

:ケバブは、本来は何の肉を使うのですか?

:普通は羊の肉。でも、日本ではチキンを使っています。

:日本食で好きなものはありますか?

:お寿司は美味しい。カレーやハンバーグも美味しい。けど、一番旨いと思うのはラーメン。(笑)

:どうして?

:トルコの味に近いものがある。

:日本や日本人を見て感じることってありますか?

:あまり考えたことはない。でも、仕事をしていて思うのは、日本人は優しくて、美人が多いことかな。

:本当ですか?(笑)

:そう。それに日本では車や自転車が多い。トルコではバイクが主流で、みんなバイクに乗っています。それ以外ではバスや電車ですね。18歳にならないと免許が取れないから、無免許で乗ってる15歳くらいの若い子も多い。よく捕まってる。

:エリシンさんは?

:私もよくバイクに乗っていました。

:少しずつだけど、トルコのイメージがつかめてきました。また、機会をみていろいろお聞かせください。今回はご協力ありがとうございました。

後記
 ケバブを買いに行きながら、何度かお話を伺ってまとめました。日本とトルコは、気候が大差なく、過ごしやすいそうでなによりです。日本人はやはり優しいという印象なのですね。日本人の謙虚なところが、「優しい」と言われる所以でしょうか。日本は料理が美味しい、美人が多いなど、良い印象を持っていただけているようでうれしいです。トルコではバイクが主流というのは知りませんでした。ラーメンに似ているというトルコ料理が気になります!次の機会にぜひ紹介してほしいです。

20160804globalkebabu_01.JPG


取材協力:エリシン・シャーヒンさん(ナザルケバブ)
取材日:2016年5月~7月
聞き手:安養彩花(心理学部3年、富山県立志貴野高校出身)
編集:明石真和(経済経営学部教員)

お知らせ一覧へ戻る