お知らせ

2016.08.01

聊城大学に来て5ヶ月になりました[千客万来:003]

大変お待たせしました!中国・聊城大学に留学中の渋川直哉君の6月のお便りです!

 ラマダンが6月6日に始まってアラビア人(イスラム教の人のみ)の生活が変わった。3時頃〜19時50分頃までの飲食禁止はとてもつらいはずと思うけれど、アラビア人は「It is so excited」と笑顔で言うので、宗教の違いは大きいと思った。

 コーランについて教えてもらい、イスラム教について前よりも詳しくなったと思う。

 バスケットボール大会もあった。とても多くの学生が参加して中国人はバスケットボールが好きなんだと実感した。他の留学生と参加したが、予選(6チーム総当り)で最下位になってしまったが、楽しかった。

 最近「いつ帰るの?」という質問がよく出てきて、別れが近づいて来たんだなと寂しく思う。

続いて7月のお便りも届いています!

 春学期が終わった!

 2月29日にこちらに来てからとても早く時間が過ぎたと思う。

 この学期中は毎日充実していた。来た当初よりは確実に聞けるようになり、話せるようにもなったと思うが、まだまだ分からないことが沢山あるので、これからも沢山の中国語を学びたい。そして中国語を学ぶことによって中国の文化、中国人、中国の全てについて理解を深めていけたらと思う。

 20160801global_01.jpg  20160801global_02.jpg

20160801global_03.jpg

休みを利用して北京に旅行に行った感想も寄せてくれました。

 北京に着いてまず感じたのは、思ったほど高い建物が多くなかったことと空気が悪いことだった。しかし、万里の長城など有名で、歴史を感じさせるものを見ることができてよかった。

お知らせ一覧へ戻る