LinkIcon

教員紹介

情報処理教育センターではセンター長とセンター所属教員が学生の皆さんからの相談に応じています。駿河台大学では、学生生活やビジネスシーンで必須となる、パソコン操作とオフィス系ソフトウェアの基本スキルをマスターするための情報基礎科目(パソコン実習授業)が、全学部に必修科目として設置されています。情報基礎科目は情報処理教育センター所属教員が担当し、パソコンの活用能力を磨くと同時に、アクティブラーニングを積極的に取り入れることにより、情報収集力やプレゼンテーション能力などの駿大社会人基礎力の育成に力を入れています。

センター長:野田裕康 Hiroyasu NODA

担当授業

財政学Ⅰ・Ⅱ 他

現在の専門分野 

ドイツの資産課税

講師:内田いづみ Izumi UCHIDA

 担当授業

コンピュータ・リテラシーⅠ・Ⅱ(法学部、経済経営学部、メディア情報学部、現代文化学部)、教育の方法と技術

現在の専門分野

情報基礎教育(キーワード:教授法、能動的学習)

コメント

学生のみなさんとのコミュニケーションを大切に、日々の授業やセンターでのアドバイスを行っています。わかりづらい場所にある当センターですが、皆さんにとって気軽に来られてずっと居たくなる、そんな「喫茶店」のような居心地のいいセンターを目指しています。情報基礎科目やパソコンを使っていて困ったことがあったらいつでも 相談に来てください。

助教:太田康友 Kosuke OTA 

担当授業

コンピュータ・リテラシーⅠ・Ⅱ(法学部、経済経営学部、メディア情報学部、現代文化学部) 

コメント

「喫茶うちだ」のアシスタントです。このセンターはとても居心地の良い部屋です。困ったことがあっても無くても、どんどん遊びに来てください!また、パソコンが苦手な人向けに特訓教室「虎の穴」を開催していますので、是非ご利用ください。