2020年度日本学生支援機構奨学金について

新型コロナウイルス感染症の影響で学費等の支援が必要となった学生の皆さんへ

『授業料の減免』&『給付型奨学金の支給』が受けられます

 一定の学業基準、家計基準を満たせば、授業料の減免と給付型奨学金の支給を受けられる制度があります(高等教育の修学支援新制度)。
 今回、新型コロナウイルス感染症の影響により家計状況が急変した場合も、本制度(定期採用または家計急変採用)を申請できることになりました。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、家計状況が急変し、高等教育の修学支援制度(授業料減免・給付型奨学金)を希望される方は、以下のホームページをご参照ください。
※原則として、急変事由発生日から3か月以内に申し込む必要があります。ただし、急変自由発生日が進学(進級)前の2019年1月以降、2020年3月以前の場合は、進学(進級)から2か月以内に申し込む必要があります。
※新型コロナウイルス感染症の影響による場合、事由が発生した日は、収入が減少した月の末日となります。
※生計維持者の収入等に大きな変化がないような状況においても、学生等のアルバイト収入の減少等により、申し込みを考えている方は「在学採用」でお申込みください。

新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援(日本学生支援機構HP) 新型 コロナウイルス感染症の影響で学費等支援が必要になった学生のみなさんへ(文部科学省HP) 進学資金シミュレーター(日本学生支援機構HP)

以上のホームページで概要と要件を確認し、「進学資金シミュレーター」の「給付奨学金シミュレーション(保護者の方向け)」を行い、申込条件に該当するかどうかを確認してください。

その上で、申込を希望される方、また、該当しなかった方も、条件によっては申し込める場合がありますので、学生支援課奨学金担当へご連絡ください。

※2019年11月に在学予約で「給付型奨学金」を申請されて、不採用だった在学生につきましても、再度、申請することで採用される場合があります。
※この他にも貸与奨学金をはじめ、さまざまな奨学金があります。各種奨学金の案内については、次のホームページをご覧ください。
キャンパスライフを支える多彩な奨学金制度

問い合わせ先
学生支援課奨学金担当 TEL:042-972-1101

日本学生支援機構奨学金手続き書類の受付期間延長について

 日本学生支援機構より、新型コロナウイルス感染症の影響による学事日程の変更等を考慮し、奨学事務スケジュール延長のお知らせがありました。
 これを受け、本学においても、予約採用及び在学採用の手続きスケジュールを以下のとおり、期間を延長します。
 ただし、延長期間で手続きした場合には、当初予定よりも初回交付日が遅くなりますのでご了解願います。

1.予約採用

  「決定通知(進学先提出用)」
「授業料減免書類」
(該当者のみ)各種提出書類大学提出期間
「進学届」
インターネット入力期間
初回交付日(振込日) 採用ガイダンス日
※併給の場合は、貸与用と給付用のそれぞれのガイダンスに参加する必要があります。
貸与 給付
  5月12日(火)必着 4月25日(土)~5月26日(火)まで 6月11日(木) 6月26日(金)予定
※変更になる場合があります
6月30日(火)予定
※変更になる場合があります
延長 6月12日(金)必着 5月27日(水)~6月25日(木)まで 7月10日(金) 後日連絡

2.在学採用(新規)

  「提出書類Ⓐ」
大学提出期間
申込・マイナンバー提出期限 「提出書類Ⓑ」
大学提出期間
初回交付日(振込日) 採用ガイダンス日
※併給の場合は、貸与用と給付用のそれぞれのガイダンスに参加する必要があります。
貸与 給付
  5月12日(火)必着 スカラネット入力後1週間以内(※5月29日(金)まで) 5月30日(土) 7月10日(金) 後日連絡
延長 6月12日(金)必着 スカラネット入力後1週間以内(※6月30日(火)まで) 6月30日(火) 8月11日(火) 後日連絡

日本学生支援機構奨学金に関する各種ガイダンスについて

 日本学生支援機構の奨学金について、各種ガイダンスを予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、以下のとおり手続き方法を変更します。
 今後も状況に応じ、対応が変更になることもありますので、随時ホームページやポータルサイト(ポタロウ)をご確認のほどお願いいたします。
 手続きについて不明な点がある場合には、学生支援課奨学金担当までお問い合わせください。(電話042-972-1101)

対象 種別 予定していたガイダンス日程 対象者 備考
これから手続きをされる方
・新たに奨学金を希望される方
予約採用 5月11日(月)
5月12日(火)
高校で採用候補者となった方で4/1・3のガイダンスに出席していない方(1年生) 郵送での手続きになります。詳細は左欄「種別」の該当のページをご覧ください。
在学採用(新規) 5月1日(金)
5月9日(土)
新たに日本学生支援機構の奨学金を希望される方(1~4年生)
大学院在学採用(新規) 5月8日(金) 新たに日本学生支援機構の奨学金を希望される方(大学院生) 至急、学生支援課に電話をしてください。
編入継続 5月12日(火) 本学に編入学した方で、編入後も日本学生支援機構奨学金の継続貸与を希望される方(新編入生)
すでに採用が決まった方 【5/7更新】在学予約採用 【給付】 4月下旬 昨年11月頃に新たな修学支援制度に申し込みをした在学生で、4/21に振込があった方(2~4年生) 郵送での手続きになります。詳細は左欄「種別」をクリックしてください。
【5/7更新】予約採用(4月) 【貸与】 5月15日(金) 高校で採用候補者となった方で、4/21に振込があった方(1年生)
※4/1~7に手続きが完了した方
郵送での手続きになります。詳細は左欄「種別」をクリックしてください。
【給付】 5月19日(火)
【併給】(給付+貸与) 5月15日(金)
5月19日(火)
【5/22更新】予約採用(5月) 【貸与】 6月12日(金) 高校で採用候補者となった方で、5/15に振込があった方(1年生)
※4/8~24に手続きが完了した方
注意)4/1・3のガイダンスに出席していない方は上表のこれから手続きされる方の予約採用を選択してください。
郵送での手続きになります。詳細は左欄「種別」をクリックしてください。
【給付】 6月16日(火)
【併給】(給付+貸与) 6月12日(金)
6月16日(火)
予約採用(6月) 【貸与】 6月26日(金) 高校で採用候補者となった方で、6/11に振込があった方(1年生)
※4/25~5/26に手続きが完了した方
注意)4/1・3のガイダンスに出席していない方は上表のこれから手続きされる方の予約採用を選択してください。
今後の状況によっては、ガイダンス日程・方法が変更になる可能性があります。対象者には後日連絡します。
※併給(給付+貸与)の方は、両方のガイダンスに参加してください。
【給付】 6月30日(火)
【併給】(給付+貸与) 6月26日(金)
6月30日(火)


日本学生支援機構奨学金の種類

第一種奨学金(貸与型・無利子)
第二種奨学金(貸与型・有利子)
給付奨学金(給付型)

※家計急変により、給付奨学金(給付型)への申込を考えている方は、給付奨学金案内―家計急変―をご覧いただいた上で、学生支援課にご連絡ください。

日本学生支援機構奨学金を給付・貸与中の奨学生へ

 給付・貸与中の奨学生(在学生)の各種変更に係る手続き書類について、使用頻度の高い書式を以下よりダウンロードできるようにしました。
 郵送の際は必ず、記録の残る方法(レターパックや簡易書留など)で学生支援課まで送付してください。
 該当する書類がわからない場合や出力できない場合、また手続きについて不明な点がある場合には、学生支援課にお問い合わせください。(電話042-972-1101)

第一種奨学金貸与月額変更願(届)(増額)※両面コピー必須。記入に当たり学生支援課へ事前問い合わせが必要
第一種奨学金貸与月額変更願(届)(減額)※両面コピー必須。記入に当たり学生支援課へ事前問い合わせが必要
第二種奨学金貸与月額変更願(届)(増額)※両面コピー必須。記入に当たり学生支援課へ事前問い合わせが必要
第二種奨学金貸与月額変更願(届)(減額)※両面コピー必須。記入に当たり学生支援課へ事前問い合わせが必要
連帯保証人・保証人等変更届※両面コピー必須。貸与のみ。併用貸与の場合は、奨学生番号ごとの届出が必要
住所変更届※貸与のみ。併用貸与の場合は、奨学生番号ごとの届出が必要
在学届


送付先:〒357-8555
埼玉県飯能市阿須698
駿河台大学 学生支援課 奨学金担当宛  電話042-972-1101
※必ず、記録の残る方法(レターパックや簡易書留など)で送付してください。
 添付書類が必要な場合もあります。不備なく同封してください。



TOP