お知らせ

春学期を振り返って

2021/07/01その他

スポーツ科学部1年 柴田 康太

入学してから早くも3か月が経ちました。入学当初は友達ができるか、授業はどんなことやるのかなどと考えて不安でしたが、だんだんと友達が増え、大学生活に慣れてきました。コロナウイルスの影響で、オンライン授業やオンデマンド授業が主体の中、自分でしっかりと計画を立てて課題に取り組むことができました。多くの授業でパソコンが必要となるので、パソコンが苦手な私は少し苦労しました。また、対面授業には1回も休まず参加することができました。対面なので、友達が増えるきっかけにもなりました。

さて、私はサッカー部に入部し、毎朝練習に励んでいます。朝早くからの練習なので大変ですが、良い環境が整っているので、好きなサッカーに打ち込むことができています。高校の時とは違って、自分達で主体的に行う場面が増えるので、社会で必要な力も身につくと感じています。

これから夏休みに入りますが、いろいろなことに挑戦していきたいと思っています。車の教習所に通いはじめたので、計画的に教習に通っていきたいです。また、大学生活に慣れてきたので、アルバイトを探し、計画的に経験を増やしていきたいです。メリハリを持って、大学生活を楽しんでいきたいと思います。

20210701_01.jpgクラスの友人たちと

スポーツ科学部1年 友寄 隆成

私は駿河台大学に入学して、慣れないオンライン型の授業に苦労しました。毎日大学のメディアセンターでご指導を受け、オンライン授業や課題に取り組んでいましたが、それでも2回ほど提出が遅れてしまうことがありました。幸先の悪いスタートでしたが、大学では時間割も自分で作成するため、高校までと違った新しいスタイルを確立することができ、自分の時間を作ることができるようになりました。オンデマンド型の授業では、早めに課題を終わらせて友人と会ったり自分の時間を楽しんだりすることもできました。

今の私の目標は、1つ目にサークルに入ること、2つ目にアルバイトをすることです。私が興味を持っているサークルは、コロナウイルスの影響で秋以降しか活動できないらしく、今すぐ活動することは難しいそうです。アルバイトの面では、私は地元の沖縄に夏休みに帰省するため、秋以降に本格的に始めようと考えています。夏休みの過ごし方で1番大事にしようとしていることは、教員採用試験の問題に取り組んでみることです。少し解いてみるだけでも、気持ちの持ちようも変わりますし、1年次で触れておくことによって心に余裕が生まれてくると思っています。



TOP