お知らせ

学部DAY実施報告2 『はたかち』カード・ワークショップ―自分と他者の中にある大切な価値観―(2年生)

2021/12/10学部行事

スポーツ科学部/現代文化学部 准教授 丸藤祐子

スポーツ科学部の学部DAYでは、2年生を対象に、「『はたかち』カード・ワークショップ―自分と他者の中にある大切な価値観―」をテーマにした特別授業が行われました。
講師に組織能力研究所代表の作田稔先生をお招きし、キャリア教育として、働く価値観や自分の軸となる重視したい価値について考えながら自己理解を深めていくワークショップが行われました。

「はたかち」カードとは、キャリア開発や働く上での価値観を探るために開発されたカードです。このカードを手掛かりに、働く価値について自分が求めていることを言語化しながら、自分で確認し、自己理解を深めていました。

さらにグループワークを通じて、自分のことを話し、他者の話を一生懸命に聞くことで、お互いの価値観の違いについての理解も深めていました。
皆さんにとって、働く上で大切にしたいことや重視したいこと、将来の目標についても改めて考えさせられる機会となったようです。今日得られた気づきを通して、仕事を自分のものにし、将来やりがいを感じながら働けるようになってほしいと思います。

学生の皆さんからのコメントを紹介します。


スポーツ科学部2年 星野 春陽

改めて「仕事」というものに向き合うことが出来ました。はたかちカードを使って、自分が仕事に対して何を求めているのかを言葉にして表すことができ、自分の考えを整理することができました。
これから先、就職について真剣に考えなければいけませんが、今回選んだ3つの項目を大事にしながら決めていきたいと思いました。
自分の価値観を尊重し、選んだ仕事ならきっと私は「この仕事で良かった」と思えるのではないかと考えます。


スポーツ科学部2年 藤関 泰成

はたかちカードを使って、自分自身の価値観を見つめ直したところ、私には他の人に貢献したいという気持ちがあることを再度認識することができました。
私は将来教員になりたいと思っているので、その際に生徒の役に立つことや、生徒との関わりの中で、生徒の成長を感じることに喜びを感じたいと思っているのだと思います。
他の人の意見には、生活の安定を第一に考える意見が多く、新しい価値観を見出すことが出来ました。


スポーツ科学部2年 中田 航輝

今回の講義を受けて、私は安定した生活と仕事と家族、余暇とのバランス、仕事へのやりがいを大切な価値観にしていることが分かった。
またグループの人たちも安定した生活と仕事と家族・余暇とのバランスを大切な価値観にしていることが分かった。
また限られた時間の中で、自分の思い描いている夢を叶えるためにはゴールから逆算して目標を立てること、今自分が出来ること、したいこと、すべきことを明確にすることが大切であると感じた。


スポーツ科学部2年 平澤 絵美

今日の講義を受けて、自分は人と話すことが苦手ではあるが、人と関わり、人のためになることを仕事にしたいと思っていることが分かった。
また、自分の能力を高め続けて仕事に取組みたいことから、自分が思っている以上に向上心を持っているのだと感じた。相手に話すことや、人の話を聞くことで、自分のことがより分かり、さらに、人のやっていることを自分にも取り入れたいと思うものを発見できるのだと知ることができた。

  • 20211210_01.png
  • 20211210_02.png


TOP