MENU
Language
アクセス
  1. トップ
  2. 学部・研究科レポート
  3. 【U20全国陸上競技大会】女子三段跳で3位に入賞した学生にインタビューしました

学部・研究科レポート

2020.12.17

【U20全国陸上競技大会】女子三段跳で3位に入賞した学生にインタビューしました

スポーツ科学部 講師 田中輝海

2020年10月に広島県で行われた、全国高等学校陸上競技大会2020兼U20全国陸上競技大会の女子三段跳で見事3位に入賞したのが鞍田沙耶佳(スポーツ科学部1年、星稜高校出身)さんです。なお、女子100m女子走り幅跳でも8位入賞と、今後の活躍が楽しみな選手です。

20201217_k01.png向かって右が鞍田さん

U20全国陸上競技大会は鞍田さんにとってどのような大会になりましたか。

高校1年生の頃にU18大会の三段跳で初めて入賞(5位)して以来、ずっとこの大会での優勝が目標でした。また、今年は関東インカレでも優勝していたので、U20でも優勝する自信があっただけに3位はとても残念でした。

今後の目標・意気込みを教えてください。

怪我に気を付けながら、来年につなげるための冬季練習にしっかり取り組み、苦手な走りを克服したいです。あと、日本選手権に初めて出場しますので、池畠旭佳瑠コーチとともにアベック優勝を目指しています。

本学を志望した理由と陸上競技部の雰囲気を教えてください。

北信越大会で邑木監督に声をかけていただきました。練習見学した際も、練習メニューが自分に合っていると思い進学を決めました。駿河台大学の陸上競技部はコーチ同士の仲がとても良く、私たちにも明るく話しかけてくれるので、コミュニケーションがとりやすくて、楽しい雰囲気で毎日練習に取り組める環境です。

20201217_k2.png寮で学習する鞍田さん

20201217_k3.png寮で食事をとる鞍田さん

学部レポート

    PAGE TOP