ゼミナール

⼼理学部では、3年次にゼミナールI・II、4年次にゼミナールIII・IVを必修科⽬として履修します。この4つの科⽬は、同⼀教員のもとで2年間連続して履修することになっています。ゼミナールⅠ~IVは、原則として⼼理学部のすべての専任教員が担当しています。学⽣は、各ゼミのテーマの中から⾃分の興味に合ったテーマを学ぶことができる教員のゼミを選択します。

ゼミナール風景

各ゼミナールは少⼈数クラスですので、専⾨的な内容を深く学ぶことができます。また、4年次⽣は、ゼミの担当の教員の指導を受けながら、卒業研究を完成させます。つまり、ゼミナールIII・IVは、⼤学4年間の学習をしめくくるための科⽬ということになります。

ゼミナールのテーマ⼀覧

安藤 聡⼀朗 准教授

臨床⼼理学の視点からアセスメントと⾯接の知識や技量、⼼構えについて学んでいきます。

岩熊 史朗 教授

パーソナリティを理解する⽅法について学び、「その⼈らしさ」とは何かについて考えます。

纓坂 英⼦ 教授

メディアで扱われたジェンダーにかかわる現象を社会⼼理学的に考えていきます。

⼩俣 謙⼆ 教授

犯罪および犯罪被害の⼼理学的研究を⾏い,その作業を通じて各⾃の課題処理能⼒を⾼めます。

川邉 讓 教授

臨床⼼理学系のテーマと犯罪⼼理学系のテーマを1年交替で扱い、⼼理・社会・⽂化について多⾯的・重層的に考えます。

⽊塚 隆志 教授

宗教が我々⼈間の考え⽅や社会⽣活とどのように関わっているのかを探ります。

古曵 牧⼈ 教授

犯罪や⾮⾏、関連する社会的問題について、⼼理学の視点から検討していきます。

近藤 育代 准教授

臨床⼼理学の視点から、⾃分や他者の⼼の動きへの理解を深め、共⽣していくための視点について学んでいきます。

佐古 年穂 教授

宗教(主に仏教)という観点を中⼼にして「⽇本」を考えていきます。

杉本 英晴 准教授

⼦どもの感情について理解を深め、感情のコントロール⽅法を育む教育・⽀援を考えていきます。

相⾺ 花恵 准教授

⽣涯にわたり発達していく中で、⼈々がより快適に⽣活するために必要なこと、できることを探求します。

⾼岸 百合⼦ 准教授

さまざまなもの・ことへの依存症について、背景にある⼼の動きを検討し、対応策を探求します。

中村 有 准教授

労働者のストレスについて理解を深め、健康的に働くために必要な支援方法について考えていきます。

⾺場 存 教授

精神医学と⾳楽療法を学ぶことで、⼈間理解、そして⼼と⾳楽をめぐって考えていきます。

原 聰 教授

実際に起きた刑事事件の⽬撃証⾔や⾃⽩について⼼理学的な観点から、それらの問題点を検証します。

村越 琢磨 准教授

心理学実験を通して人間の認知処理過程を調べることで,社会に役立つ心理学的研究を共に行います。

藤掛 友希 助教

言葉にとどまらないイメージについて、それを表現する体験や意義への理解を深め、また表現されたものといかに向き合うかを心理学的に探っていきます。



TOP