お知らせ

保育士試験_合格体験記

2021/02/12その他

 今年度、心理学部3年の河野美優紀さんが、保育士試験に合格いたしました!
河野さんは、昨年度に、学内の資格取得サポート講座であるキャリアカレッジ「保育士合格講座」を受講し、試験対策を続けてきました。河野さんご本人から、保育士合格までの道のりをうかがってみましょう!


キャリアカレッジを受講してみた感想は?

大学で開講されている「保育士合格講座」は講座専用のテキストが配布され、それに沿って講義が行われます。テキストは重要な部分が太字になっていたり、年表やデータが図表としてまとめられていたりしている為、分かりやすかったです。私はこのテキストを中心に試験勉強を行いました。 講義は1科目90分で行われるので進行スピードは早めでしたが、聞き取れなかったところや質問を講師の方に聞くことができ、疑問をすぐに解消できるところは講義ならではの魅力だと感じます。 この講座を受ける前は、どのように勉強すれば良いのか不安でしたが、講義を通して自分なりの勉強法をしっかりと身につけることができました。保育士合格講座を受講できて良かったと思います。

保育士試験を受験した感想は?

保育士試験には筆記試験と実技試験がありますが、筆記試験はかなり難しかったです。 筆記試験の科目は9科目あり、出題範囲が広い一方で出題数は10~20問と少なめです。どの科目も難しかったですが、その中でも「社会福祉」は政策や人名に加えて法律等についても幅広く出題されるので、個人的にはかなり苦戦しました。過去問を繰り返し解いたり法律について学んだり、対策を立てることで試験合格を目指しました。 実技試験では、新型コロナウイルスの影響により「音楽表現(楽器演奏と歌唱)」の選択はできませんでした。そこで、「造形表現(絵画作成)」か「言語表現(読み聞かせ)」のどちらか1つを選択するという方法での受験となりました。私は「造形表現」を選択しました。受験に向けて、絵の描き方を調べてみたり他の受験生の絵を真似てみたり、沢山練習を重ねました。当日は、時間内に完璧に仕上げることができませんでしたが、自分の出せる力は全て出せたのではないかと思います。 こうして無事に合格できて嬉しかったです。また、保育士試験の為に努力したことは自分の成長にも繋がりました。

保育士を目指す後輩へ、メッセージをお願いします!

本大学には保育士資格獲得のための講座があります。そういった環境をどんどん活用して、是非資格取得を目指してほしいと思います。保育士試験の勉強はかなり大変だと思いますが、諦めずに頑張ってください!

20210212sinri_01.jpg



TOP